リムフィヨルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
位置

リムフィヨルド(デンマーク:Limfjorden)は、ユトランド半島北端にある海峡。ユトランド半島とヴェンシュセルチュー島を分けるものであり、カテガット海峡北海を結んでいる。長さは約180km。細長く入り組んだ形状をしており、海峡の中にはモース島がある。また、複数の橋が架けられており、半島とヴェンシュセルチュー島・モース島を結んでいる。

リムフィヨルドの西端、北海に面した部分は砂州が発達している。ここでは、歴史時代に海峡が閉塞した記録が残されている。古くは北海とバルト海を結ぶ波浪が穏やかな航路として利用され、西暦1027年にはクヌーズ1世が通行したとされている。中世デンマークの歴史家のサクソ・グラマティクスは西暦1200年頃に閉塞したことを記している。1825年2月3日に嵐により、砂州の北端が崩壊し、アガ水道が形成された。1862年の嵐の際にはアガ水道より南へ約10kmの地点が侵食され、チュボレン水道が形成された。アガ水道は1877年までに再び閉塞された。現在は北からアガ地峡(アガ・タンゲ Agger Tange)の砂州が、南からハーボエア地峡(ハーボエア・タンゲ Harboør Tange)の砂州が南から伸び、中ほどにチュボレン水道が開けている地形となっている。

リムフィヨルドに面した町としては東部にオールボー、西部にニュークビン・モースがある。