リボヌクレオシド三リン酸レダクターゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リボヌクレオシド三リン酸レダクターゼ
識別子
EC番号 1.17.4.2
CAS登録番号 9068-66-0
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

リボヌクレオシド三リン酸レダクターゼ(ribonucleoside-triphosphate reductase)は、プリンピリミジン代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

2'-デオキシリボヌクレオシド三リン酸 + チオレドキシンジスルフィド + H2O \rightleftharpoons リボヌクレオシド三リン酸 + チオレドキシン

この酵素の基質2'-デオキシリボヌクレオシド三リン酸チオレドキシンジスルフィドH2O で、生成物はリボヌクレオチド三リン酸チオレドキシンである。補因子としてATPコバルトコバミドを用いる。

この酵素は酸化還元酵素に属し、ジスルフィドを受容体としてCH基またはCH2基に特異的に作用する。組織名は2'-deoxyribonucleoside-triphosphate:thioredoxin-disulfide 2'-oxidoreductaseで、別名にribonucleotide reductase、2'-deoxyribonucleoside-triphosphate:oxidized-thioredoxin 2'-oxidoreductaseがある。

参考文献[編集]

  • Blakley, R.L. Cobamides and ribonucleotide reduction. I. (1965). “Cobamide stimulation of ribonucleotide reduction in extracts of Lactobacillus leichmannii.”. J. Biol. Chem. 240: 2173-2180. 
  • Goulian, M. and Beck, W.S. (1966). “Purification and properties of cobamide-dependent ribonucleotide reductase from Lactobacillus leichmannii.”. J. Biol. Chem. 241: 4233-4242. PMID 5924645. 
  • Lammers, M. and Follmann, H. (1983). “The ribonucleotide reductases - a unique group of metalloenzymes essential for cell-proliferation.”. Struct. Bonding 54: 27-91.