リベド血管炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リベド血管炎(リベドけっかんえん、正式名称:Livedo reticularis with summer ulceration)は、夏季潰瘍とも呼ばれ、下肢に左右対称に皮斑が出る特徴の他、夏に足首より先に潰瘍を生じることがある。Livedo reticularis with summer or winter ulceration とも言う。

皮斑には、網目状、樹枝状、大理石様(マーブル)があり、寒さで目立つものと逆に暖めると目立つものと、それらの混在する症状を持つ患者がいる。

また、血管炎症が無く、皮斑は隆起が無く、痒みや痛みを伴わない。しかし、下肢に血栓を生じた場合や、皮膚表面に潰瘍ができた場合は、大変な痛みを伴う。

症状の重い患者の場合、潰瘍は治るのに時間が掛かったり、夏以外の季節にも潰瘍ができる場合がある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]