リヒャルト・アベッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
R・W・H・アベック

リヒャルト・ヴィルヘルム・ハインリッヒ・アベッグ[1](Richard Wilhelm Heinrich Abegg、1869年1月9日 - 1910年4月3日)は、ドイツの化学者で、原子価理論の開拓者である。プロイセン王国ダンツィヒ(現在のポーランド・グダニスク)出身。

元素の最大の正酸化数は+Nをとり、最小の負の酸化数は-(8-N)の値をとるということを提案した。これは、アベックの規則と呼ばれるようになった。

ガス気球愛好家でもあり、これがシュレジエンでの衝突事故によって41歳で死ぬ原因となった。ポンメルンのケスリーン(現在のポーランド・コシャリン)で死去。

脚注[編集]

  1. ^ 資料によってはアベッと表記。