リヒャルト・アスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リヒャルト・アスマン(左)とアルトゥル・ベルソン(右)

リヒャルト・アスマン(Richard Aßmann1845年4月13日 - 1918年5月28日)はドイツ気象学者・医師。マクデブルク出身。

1868年、彼はベルリンで医学博士号を授与され、1870年から1879年にかけてはブランデンブルク州メルキッシュ=オーダーラント郡にあるBad Freienwaldeという町で開業医を営んだ。1879年には薬学を学ぶためにマクデブルクに戻り、ハレ大学で行った派生的な研究により博士号を授与され、それを受けてベルリンの王立気象研究所の科学官となった。1905年から1914年にかけて、彼はリンデンベルクのプロシア王立航空観測所の所長となり、その後ギーセン大学名誉教授となった。

リヒャルト・アスマンは高層大気の調査に特に興味を持っており、高層気象学の分野の先駆者である。彼はレオン・ティスラン・ド・ボール (1855-1913) とともに、成層圏の共同発見者と評価されている。両者は1902年のほぼ同時期に、それぞれが成層圏発見を報告している。

1887年から1892年にかけえて、彼は飛行船の設計者ハンス・ジーグスフェルト(Rudolf Hans Bartsch von Sigsfeld:1861-1902)と共同で、大気の気温と湿度を正確に測るための乾湿計を開発した。これは感温部を日光から遮蔽してあるもので、高高度の風船において信頼性のある気温と露点の観測を可能にした測定器はこれが最初であった。この測定器の製造はRudolf Fuess (1838-1917)の工場で行われた。

1888年から1899年にかけて、彼はVerein zur Förderung der Luftschifffahrtのメンバーであった。そこで彼は大気の研究のために観測用風船の飛揚を組織した。彼はまた気象学の知識を大衆に広めた事でも知られ、いくつかの科学新聞や科学雑誌の中で彼は重要な役割を果たした。1884年から彼が亡くなるまで、彼は大衆向けの月刊誌「Das Wetter」(「天気」)を発行した。1903年に彼は気象学者アルトゥル・ベルソン(1859-1942)と共にオランダ王立科学アカデミーからボイス・バロット・メダルを受賞した。