リノール酸-11-リポキシゲナーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リノール酸-11-リポキシゲナーゼ
識別子
EC番号 1.13.11.45
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

リノール酸-11-リポキシゲナーゼ(linoleate 11-lipoxygenase)は、リノール酸代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

リノール酸 + O2 \rightleftharpoons (9Z,12Z)-(11S)-11-ヒドロペルオキシオクタデカ-9,12-ジエン酸

反応式の通り、この酵素の基質リノール酸O2、生成物は(9Z,12Z)-(11S)-11-ヒドロペルオキシオクタデカ-9,12-ジエン酸である。

組織名はlinoleate:oxygen 11S-oxidoreductaseで、別名に

  • linoleate dioxygenase, manganese lipoxygenase

がある。

参考文献[編集]

  • Hamberg M, Su C, Oliw E (1998). “Manganese lipoxygenase. Discovery of a bis-allylic hydroperoxide as product and intermediate in a lipoxygenase reaction”. J. Biol. Chem. 273 (21): 13080–8. doi:10.1074/jbc.273.21.13080. PMID 9582346. 
  • Oliw EH, Su C, Skogstrom T, Benthin G (1998). “Analysis of novel hydroperoxides and other metabolites of oleic, linoleic, and linolenic acids by liquid chromatography-mass spectrometry with ion trap MSn”. Lipids. 33 (9): 843–52. doi:10.1007/s11745-998-0280-0. PMID 9778131. 
  • Su C, Oliw EH (1998). “Manganese lipoxygenase. Purification and characterization”. J. Biol. Chem. 273 (21): 13072–9. doi:10.1074/jbc.273.21.13072. PMID 9582345.