リトル・ランナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リトル・ランナー
SAINT RALPH
監督 マイケル・マッゴーワン
脚本 マイケル・マッゴーワン
出演者 アダム・プッチャー・キャンベル・スコットジェニファー・ティリーキャンベル・スコットショーナ・マクドナルド
配給 ギャガ
公開 2006年3月4日
製作国 カナダ
テンプレートを表示

リトル・ランナーは、2004年に制作され2006年3月4日公開されたアダム・プッチャー主演のカナダの映画。カナダでは2005年4月8日公開。

ストーリー[編集]

1953年、カナダハミルトンのカトリック学校に通う14歳の少年ラルフ・ウォーカーは、戦争で父を亡くし、母は病気で入院している。周囲には同居の祖父母に面倒を見てもらっていると話すが、実際はたばこに関する興味が人一倍強いラルフは校則破りの常連として校長に目をつけられている。ラルフの心の支えであった母の病状が悪化し意識不明の昏睡状態に陥る。看護婦のアリスに「奇跡でも起こさぬ限り昏睡から目覚めることはない。」と辛い真実を宣言されたラルフは、呆然とする。

それから間もなく、クロスカントリー部のコーチを務めるビバート牧師が部員に対し「君たちがボストンマラソンで優勝したらそれは奇跡だ。」と言った。それを耳にしたラルフは自分がボストンマラソンで優勝するという奇跡を起こせば、母が昏睡状態から回復すると信じて走り出す。親友のチェスターとクレアの助けを借りながら自己流のトレーニングを開始。(荷物を背負って丘を走ったり、殉教者を真似て真冬のプールに飛び込んだりなど。)  そんなラルフのために看護婦アリスはボブスレーの選手時代に覚えたウエイトトレーニングを指導しマラソンに必要な筋肉を身に着けていく。そんなラルフを馬鹿にするクラスメイト達。ラルフは地元の10マイルレースに出場してもペース配分がわからず完走するのがやっとというありさまだった。

しかし、マラソンのカナダ代表オリンピックに出場経験のあるビバート神父が、ラルフが雨の日も風の日も雪の日もあきらめずにひたむきに走り続ける姿に走ることがすべてだったかつての自分の姿を見出した神父はラルフのコーチになることを志願。 レースに勝つ走り方を徹底的に教え込みその成果もあり2か月後に行われた地元のマラソン大会を優勝した。このころになると最初はラルフを馬鹿にしていたクラスメイトは次第にラルフに一目を置き馬鹿にすることがなくなるが、校長のフィッツパットク神父だけはラルフのことを認めず、ラルフが学校を休んでボストンマラソンに行けば放校処分に、またビバート神父にも修道会からの追放を示唆した。

さらにラルフの不注意が原因で家を全焼させてしまい意気消沈したラルフは走る気力をなくしてしまった。しかし親友のチェスターの「ボストンマラソンに出場すれば、校長を最高に怒らせることができるよ。それに君なら優勝できるよ。」という一言に自分を奮い立たせて学校を休みボストンへ向かう。一方ビバート神父も「私は人助けをするために神父になったのです。」と校長に宣言しラルフを追ってボストンへ向かった。そして迎えたレース当日。アリスはその模様をラルフの母に伝えるため、病室でラジオのスイッチをいれ、クレアは教会で熱心に祈りつづけ、チェスターは学校の放送室を占拠しマラソンの中継のラジオを流すなどそれぞれがラルフを応援している中、ラルフは奇跡を実現しようと走り出す。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ラルフ・ウォーカー アダム・プッチャー 本田貴子
アリス看護婦 ジェニファー・ティリー 石塚理恵
ビバート牧師 キャンベル・スコット てらそままさき
フィッツパトリック神父 ゴードン・ピンセント 三木敏彦
クレア・コリンズ タマラ・ホープ 恒松あゆみ
ラルフの母 ショーナ・マクドナルド 折笠愛

スタッフ[編集]

  • 監督: マイケル・マッゴーワン
  • 脚本: マイケル・マッゴーワン
  • 制作: テッツァ・ローレンス/マイケル・サウザー/シートン・マクリーン
  • 撮影監督: ルネ・オーハシ
  • 美術: マシュー・デイヴィス
  • 音楽: アンドリュー・ロッキングトン

参考文献[編集]

  • リトル・ランナー映画作品紹介
  • 映画リトル・ランナー
  • リトル・ランナーgoo映画

外部リンク[編集]