リトル・ミス・サンシャインの受賞とノミネートの一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2006年のアメリカ合衆国の映画『リトル・ミス・サンシャイン』は多くの映画団体、映画祭、批評家協会からの受賞及びノミネートを得ており、本項目ではそれを一覧にして記述する。

映画団体[編集]

主催 部門 対象 結果 出典
アカデミー賞 作品賞 ノミネート [1]
脚本賞 マイケル・アーント 受賞
助演男優賞 アラン・アーキン 受賞
助演女優賞 アビゲイル・ブレスリン ノミネート
アメリカ映画編集者協会 長編映画編集賞(ミュージカル・コメディ部門) パメラ・マーティン ノミネート [2]
アメリカン・フィルム・インスティチュート ムービー・オブ・ジ・イヤー 受賞 [3]
英国アカデミー賞 作品賞 ノミネート [4]
オリジナル脚本賞 マイケル・アーント 受賞
助演男優賞 アラン・アーキン 受賞
助演女優賞 アビゲイル・ブレスリン ノミネート
トニ・コレット ノミネート
監督賞 ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス ノミネート
セザール賞 外国映画賞 受賞 [5]
衣裳デザイナー組合英語版 衣装デザイン賞(コンテンポラリー映画部門) ナンシー・スタイナー英語版 ノミネート [6]
全米監督協会賞 映画監督賞 ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス ノミネート [7]
GLAADメディア賞英語版 映画作品賞(拡大公開部門) 受賞 [8]
ゴールデングローブ賞 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) ノミネート [9]
主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) トニ・コレット ノミネート
ゴッサム賞 アンサンブルキャスト賞 グレッグ・キニアスティーヴ・カレルトニ・コレットポール・ダノアビゲイル・ブレスリンアラン・アーキン ノミネート [10]
ブレイクスルー賞 アビゲイル・ブレスリン ノミネート
グラミー賞 コンピレーションサウンドトラック賞(ビジュアルメディア部門) マイケル・ダナ ノミネート [11]
インディペンデント・スピリット賞 作品賞 受賞 [12]
第一回脚本賞 マイケル・アーント 受賞
助演男優賞 アラン・アーキン 受賞
ポール・ダノ ノミネート
監督賞 ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス 受賞
アイリッシュ映画賞英語版 インターナショナル作品賞 受賞 [13]
MTVムービー・アワード 作品賞 ノミネート [14]
ブレイクスルー演技賞 アビゲイル・ブレスリン ノミネート
ナショナル・ボード・オブ・レビュー トップテン作品 受賞 [7]
全米製作者組合 劇場映画賞 マーク・タートルトーブ、デヴィッド・フレンドリーピーター・サラフアルバート・バーガー英語版ロン・イェルザ英語版 受賞 [15]
サテライト賞 映画作品賞 ノミネート [16]
映画主演女優賞(ミュージカル・コメディ部門) トニ・コレット ノミネート
映画助演男優賞 アラン・アーキン ノミネート
映画助演女優賞 アビゲイル・ブレスリン ノミネート
主題歌賞 デヴォーチカ英語版 (「Til the End of Time」) ノミネート
全米映画俳優組合賞 キャスト賞 グレッグ・キニアスティーヴ・カレルトニ・コレットポール・ダノアビゲイル・ブレスリンアラン・アーキン 受賞 [17]
助演男優賞 アラン・アーキン ノミネート
助演女優賞 アビゲイル・ブレスリン ノミネート
ウーマンズ・イメージ・ネットワーク 映画主演男優賞 グレッグ・キニア ノミネート [7]
全米脚本家組合賞 オリジナル脚本賞 マイケル・アーント 受賞 [18]

映画祭[編集]

主催 部門 対象 結果 出典
ドーヴィル映画祭英語版 特別大賞 受賞 [19]
パームスプリングス国際映画祭 チャーマンズ・ヴァンガード賞 受賞 [20]
サン・セバスティアン国際映画祭 観客賞 受賞 [7]
シドニー映画祭英語版 作品賞(ワールドシネマ部門) 受賞 [21]
東京国際映画祭 観客賞 受賞 [22]
女優賞 アビゲイル・ブレスリン 受賞
監督賞 ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス 受賞

映画批評家協会[編集]

組織 部門 対象 結果 出典
ボストン映画批評家協会 新人映画製作者賞 ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス ノミネート [7]
放送映画批評家協会賞 作品賞 ノミネート [7]
コメディ映画賞 ノミネート
アンサンブルキャスト賞 グレッグ・キニアスティーヴ・カレルトニ・コレットポール・ダノアビゲイル・ブレスリンアラン・アーキン 受賞
若手男優賞 ポール・ダノ 受賞
若手女優賞 アビゲイル・ブレスリン 受賞
助演男優賞 アラン・アーキン ノミネート
脚本賞 マイケル・アーント 受賞
シカゴ映画批評家協会 作品賞 ノミネート [23]
オリジナル脚本賞 マイケル・アーント ノミネート
助演女優賞 アビゲイル・ブレスリン ノミネート
トニ・コレット ノミネート
有望映画監督賞 ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス ノミネート
ダラス・フォートワース映画批評家協会 脚本賞 マイケル・アーント 受賞 [24]
アイオワ批評家協会英語版 助演女優賞 アビゲイル・ブレスリン 受賞 [15]
ロンドン映画批評家協会賞 作品賞 ノミネート N/A
脚本賞 マイケル・アーント ノミネート
ロサンゼルス映画批評家協会賞 ニュー・ジェネレーション賞: マイケル・アーントジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス 受賞 [7]
脚本賞 マイケル・アーント ノミネート
オンライン映画批評家協会 助演女優賞 アビゲイル・ブレスリン 受賞 [15]
ブレイクスルー映画製作者賞 ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス 受賞
フェニックス映画批評家協会 トップ10作品 受賞 [7]
オリジナル脚本賞 マイケル・アーント 受賞
アンサンブル演技賞 グレッグ・キニアスティーヴ・カレルトニ・コレットポール・ダノアビゲイル・ブレスリンアラン・アーキン 受賞
若手女優賞 アビゲイル・ブレスリン 受賞
サウスイースタン映画批評家協会 トップ10作品 受賞 [7]
オリジナル脚本賞 マイケル・アーント 受賞
セントルイス映画批評家協会 作品賞 ノミネート N/A
バンクーバー映画批評家協会英語版 助演男優賞 アラン・アーキン 受賞 [7]
スティーヴ・カレル ノミネート
ワシントンD.C.映画批評家協会 アンサンブルキャスト賞 グレッグ・キニアスティーヴ・カレルトニ・コレットポール・ダノアビゲイル・ブレスリンアラン・アーキン 受賞 [15]
オリジナル脚本賞 マイケル・アーント 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ 79th Academy Awards”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2008年8月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月22日閲覧。
  2. ^ McNary, Dave (2007年1月12日). “Cinema Editors announce nominations”. Variety. http://www.variety.com/awardcentral_article/VR1117957244.html 2008年8月22日閲覧。 
  3. ^ AFI AWARDS 2006”. American Film Institute. 2008年8月22日閲覧。
  4. ^ Film Awards Winners in 2007”. British Academy of Film and Television Arts (2007年9月26日). 2008年7月8日閲覧。
  5. ^ The Associated Press (2007年2月24日). “'Lady Chatterley' wins César for Best Film”. International Herald Tribune. http://www.iht.com/articles/2007/02/25/arts/web-0225cesar.php 2008年8月27日閲覧。 
  6. ^ The 00's”. 衣裳デザイナー組合英語版 (2011年10月). 2007年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月22日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j The Little Miss Sunshine Awards List Keeps Growing”. Fox Searchlight Pictures. 2008年8月28日閲覧。
  8. ^ The Associated Press (2006年4月15日). “"Grey's Anatomy" Wins GLAAD Award"”. CBS News. http://www.showbuzz.cbsnews.com/stories/2007/04/15/people/main2684672.shtml 2008年8月22日閲覧。 
  9. ^ The Associated Press (2006年12月14日). “"Babel" scores big with 7 Golden Globe nods”. CNN. オリジナル2008年2月24日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20080224014828/http://www.cnn.com/2006/SHOWBIZ/Movies/12/14/globe.nominations/index.html 2008年7月8日閲覧。 
  10. ^ IFP News (2006年10月23日). “IFP Announces 2006 Gotham Award Honorees and Nominations”. IFP. http://www.ifp.org/ifpnews/newsitem.php?id=524 2008年8月22日閲覧。  [リンク切れ]
  11. ^ 49th Annual Grammy Award Winners List”. The Grammy Awards. 2008年7月8日閲覧。
  12. ^ Hernandez, Eugene (2007年2月24日). “"Sunshine" Wins Four, "Half Nelson" Gets Two at Independent Spirit Awards; "Quinceanera" and "Sweet Land" Also Win Top Prizes”. indieWire. http://www.indiewire.com/biz/2007/02/sunshine_wins_f.html 2008年8月28日閲覧。  [リンク切れ]
  13. ^ “Lifetime award for TV's Gay Byrne”. BBC News. (2007年2月10日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/6349987.stm 2008年8月27日閲覧。 
  14. ^ “Nominees: 2007 MTV Movie Awards”. NBC 5.com. http://www.nbc5i.com/news/13223056/detail.html 2008年8月28日閲覧。 
  15. ^ a b c d “Little Miss Sunshine (2006) Awards”. The New York Times. http://movies.nytimes.com/movie/335018/Little-Miss-Sunshine/awards 2008年8月27日閲覧。 
  16. ^ International Press Academy Satellite Awards Winners”. The Golden Satellites. 2008年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月8日閲覧。
  17. ^ The Associated Press (2007年1月29日). “"Little Miss Sunshine" improves Oscar prospects with win at Screen Actors Guild awards”. International Herald Tribune. http://www.iht.com/articles/2007/01/29/news/web.0130sagsun.php 2008年7月8日閲覧。 
  18. ^ Winners Announced for 2007 Writers Guild Awards”. Writers Guild of America (2007年2月11日). 2008年8月22日閲覧。
  19. ^ “Michael Douglas in the spotlight at Deauville film fest”. MSN. http://news.sg.msn.com/Entertainment/article.aspx?cp-documentid=171805 2008年7月8日閲覧。 
  20. ^ Keck, William (2007年1月7日). “Palm Springs Film Festival kicks off awards season”. USA Today. http://www.usatoday.com/life/movies/news/2007-01-07-palms-springs_x.htm 2008年8月27日閲覧。 
  21. ^ 2006 Urban Cinefile Audience Award Winners Announced”. 53rd Sydney Film Festival英語版 (2006年6月27日). 2008年8月27日閲覧。
  22. ^ Schilling, Mark (2006年10月31日). “Tokyo's top prize for "Spies"”. Variety. http://www.varietyasiaonline.com/content/view/263/53/ 2008年8月27日閲覧。 
  23. ^ Chicago Film Critics Association 2006”. 2006 19th Chicago Film Critics Awards. 2009年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年7月8日閲覧。
  24. ^ Lindeen, Julie (2006年12月18日). “"United 93 top film for Dallas critics"”. Variety. http://www.variety.com/awardcentral_article/VR1117956010.html 2008年8月22日閲覧。 

外部リンク[編集]