リトル・ショップ・オブ・ホラーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リトル・ショップ・オブ・ホラーズLittle Shop of Horrors)とは、

  1. 1960年に公開されたアメリカのB級ホラー映画。この項で解説。
  2. 1を元にしたミュージカル作品。
  3. 1986年に公開された2を元にした映画作品。リトル・ショップ・オブ・ホラーズ (1986年の映画)の項を参照。

リトル・ショップ・オブ・ホラーズ
The Little Shop of Horrors
監督 ロジャー・コーマン
チャールズ・B・グリフィス[1]
メル・ウェルズ[1]
脚本 チャールズ・B・グリフィス
ロジャー・コーマン[1]
製作 ロジャー・コーマン
出演者 ジョナサン・ヘイズ
ジャッキー・ジョセフ
メル・ウェルズ
音楽 フレッド・カッツ
ロナルド・ステイン[1]
撮影 アーチー・ダルゼル
ヴィリス・ラペニークス[1]
編集 マーシャル・ネイラン・Jr
製作会社 フィルムグループ
サンタ・クララ・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 フィルムグループ
公開 アメリカ合衆国の旗 1960年8月5日
上映時間 72分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $27,000[2]
テンプレートを表示

リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』(The Little Shop of Horrors)は、1960年に公開されたアメリカ合衆国のB級ホラー映画。日本では劇場未公開。現在、パブリックドメインとなっている。

ストーリー[編集]

花屋の店員シーモアは店長のマシュニクにこき使われていた。シーモアは同僚のオードリーに恋心をいだいていたが、オードリーにはサディスティックな歯医者の恋人がいた。

ある日シーモアは見たこともない植物を手に入れる。彼はその植物にオードリー2と名付け育て始めた。その後オードリー2の好物が人の血である事が分かり、シーモアは自分の血を与え、オードリー2は次第に成長していった。シーモアはある程度育ったオードリー2をウィンドウに飾った。すると全く客の来なかった店に客が押し寄せたではないか。その後も自分の血を与えていたシーモアだがついには体が持たなくなる。そこでオードリー2にそそのかされたシーモアは、オードリーの恋人の歯医者の殺害に踏み切る。

キャスト[編集]

Jonathan Haze as Seymour Krelboyne.png
ジョナサン・ヘイズ
Jackie Joseph as Audrey Fulquard.png
ジャッキー・ジョセフ
Mel Welles as Gravis Mushnick.png
メル・ウェルズ
The Little Shop of Horrors flower eating.png
ディック・ミラー(左端)
Myrtle Vail as Winifred Krelboyne.png
マートル・ヴェイル
Little Shop of Horrors Nicholson.JPG
ジャック・ニコルソン

派生作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e クレジットなし。The Little Shop of Horrors (1960) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2012年5月31日閲覧。
  2. ^ The Little Shop of Horrors (1960) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年5月31日閲覧。

外部リンク[編集]