リディアン・クロマティック・コンセプト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リディアン・クロマティック・コンセプトLydian Chromatic Concept、原題:Lydian Chromatic Concept of Tonal Organization)は、アメリカの音楽家 George Russellジョージ・ラッセル)が提唱した音楽理論。主にジャズにおける即興演奏を解析し、コードまたはコード進行に対して多調的アプローチを仕掛けるなど、音楽に対して総合的に把握することを目指した方法論である。

関連項目[編集]


外部リンク[編集]