リディアン・クロマティック・コンセプト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リディアン・クロマティック・コンセプトLydian Chromatic Concept、原題:Lydian Chromatic Concept of Tonal Organization)は、アメリカの音楽大学ニューイングランド音楽院教授の ジョージ・ラッセル英語版が提唱した音楽理論。現在のジャズやポップ、現代音楽などの概念に多くの影響を与えた。

概要[編集]

リデァン・クロマティック・コンセプト(以下LCC)は、1940年代中頃から、若きマイルス・デイヴィスとのやり取りの中にあった「全てのサウンドのChangeを知りたい」という言葉も切っ掛けになり、ジョージ・ラッセルにより考案される。1953年に初版が発行。 ジャズの基本理念から生まれた音楽理論であり、ホリゾンタル(水平的)、バーティカル(垂直的)な音の捉え方をし、現代の全ての音楽に対応、分析解説する手段であり、発想の源になりうる概念として高く評価される。日本語版の翻訳は布施明仁の手によるが、田野城寿男のアパートにて行われた。

哲学[編集]

LCCが高く評価された要因の一つに、考案者であるジョージ・ラッセルが説いた哲学がある。 アイデンティティー(独自性)の確立。 人類の歴史に於ける、マジョリティを肯定し、マイノリティを否定する国際状況に対し、警告するとともに、中世以前に於ける、個々の民族の存在を互いに尊重しあい、確立していた社会に戻すことを、音の世界に於いて推進していく。

名の由来[編集]

この概念を考案する切っ掛けになった、リディアンスケールから、世界に多数存在している音を十二平均律により12音に封じ込められたが故、現代の五線譜表記に於いて、一般的に最も細分化されたクロマティックスケールまでの中に含まれる、全ての音階、ハーモニーを包括していることを表している。 何故にリディアンスケールなのか?という理由は幾つかあれども、最も重要なのが、中世に於けるグレゴリオ音階で最も使われた「モード」を現代の12音階に当てはめると、リディアンスケールが浮かび上がるからである。

ジョージラッセルについて[編集]

LCCを語る上で、絶対に外せない存在、考案者であるジョージ・ラッセル。1923年6月23日生~2009年7月27日(没)。 オハイオ州シンシナティーで育ったラッセルは、幼少の頃、教会の聖歌隊で歌う。音楽教育者である父のもと、オハイオ州で鳴っていた、ビッグバンドの音楽に囲まれて育つ。ボーイスカウトにて、ドラムを始める。後に、ベニーカーターのバンドでドラムを叩いていたが、マックスローチが現れ、ドラマーを辞める決意をする。「マックスはドラマーの全てを持っていた」と、ラッセルは語っていた。1947年にデイジーガレスピーバンドに‘Cubano Be Cubano Bop'を作曲。1940年代後半、ギル・エヴァンスのアパートに先進的な若いミュージシャン達が集まり、毎日のようにディスカッションが行われていた。勿論、チャーリー・パーカーが参加した日もあった。主要参加メンバーは、ギル・エヴァンス、マイルス・デイヴィス、マックス・ローチ、ジョン・ルイス、ジェリー・マリガン、ジョージ・ラッセル。このディスカッションの最中に、若きマイルス・デイヴィスとジョージ・ラッセルの間で、コードありきではなく、音楽本来の「モード」主体の考え方について、話し合いが行われた。ギル・エヴァンスとジョージ・ラッセルは互いのビッグバンドのスコアを交換する程、親交が深かった。尚、このディスカッションに参加したのは、黒人とユダヤ人である。1951年、マイルスデイビスとリーコニッツによるアルバム「Conception」に於いて、‘Ezz-thetic’‘Odjenar’の2曲を提供。この時点で、「ポリモード」を連想させる、サウンドが展開される。1956年‘The Jazz Workshop’1959年‘NEWYORK N.Y.’等を吹きこむ。‘The Jazz Workshop’には、ビル・エバンス、アートファーマー、ミルトヒントン、ポールモチアン等が参加。‘NEWYORK N.Y.’には、ジョン・コルトレーン、ビル・エバンス、アートファーマー、ミルトヒントン、マックスローチ等が参加しており、ジョージラッセルのもとでLCCを学び、より「モード」について学んでいる。その後、‘Kind of Blue’の吹き込みが行われている。1958年、MJQのジョン・ルイスが主催する、レノックスジャズスクール於いて、LCCがジョージ・ラッセルによって、講義される。代表的な参加者にオーネット・コールマンがいた。1959年、ジョン・コルトレーンが吹き込んだ‘GIANT STEPS’に於いて、使用された「コルトレーン・チェンジズ」なる展開を用いた代表曲‘GIANT STEPS’‘COUNTDOWN’等の発想は、ジョン・コルトレーンがジョージ・ラッセルのもとに通い、話し合いながら、彼独自のサウンドチェンジを作り出した。ビルエバンスとの深い関わりから、同じマンハッタン音楽院出身のハービー・ハンコック、リッチー・バイラークとも関わり、70年代は、ヨーロッパに渡り、ECMを代表するアーティスト、ヤンガルバレク等とも関わっていく。その後、アメリカに戻り、ニューイングランド音楽院の教授に就任。その他、ジョージ・ラッセルとの深い関わりのあったアーティストに、エリック・ドルフィー、ウエイン・ショーター、チック・コリア、ブレッカーブラザーズ、ジム・ベアード、ボストン、スティーリーダン、デビッド・ベイカー(インディアナ州立大学、ジャズ科教授)等がいる。ジョージ・ラッセルと深い関わりのある日本人には、武満徹、タイガー大越、布施明仁、田野城寿男、藤原大輔がいる。

概念の特徴[編集]

平均律により、12音に限定された音の世界を、基本となる12x12=144のインターバルパターンを基に、そこからの派生モード(スケール)xトニック12音という膨大な音宇宙を確認、提示している。代表的な、概念にポリモードを発想させ、分析解説する手段としての「リディアントニック概念」、サウンドを発展させる術としての「音階度数転調」がある。

外部リンク[編集]