リッピンコット・ウィリアムズ・アンド・ウィルキンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リッピンコット・ウィリアムズ・アンド・ウィルキンス(Lippincott Williams & Wilkins)はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアに本社を置く出版社LWWと略される。

1792年にフィラデルフィアでベンジャミン・ワーナーとジェイコブ・ジョンソンが共同で創業した書肆がルーツとされている。1836年にジョシュア・ボウリンガー・リッピンコット(1813年 - 1886年)がこの書肆を買収しJ・B・リッピンコットに社名を変更。以後、宗教書・ビジネス書などを手広く扱う総合出版社となり、特に4代目社長のジョゼフ・ウォートン・リッピンコット(1887年 - 1976年)は1939年に代表者の死去で廃業したニューヨークの書肆、F・A・ストークスが刊行していた文芸書を中心とする出版物を「ストークス・ブックス」のレーベル名で継承するなど積極的な拡大路線を採った[1]。現在の主力分野は、1950年代より進出した医学に関する書籍やジャーナルである。

ジョシュアが死去した後もリッピンコット家の同族経営が4代にわたり続いたが、5代目社長のジョゼフ・リッピンコット・ジュニア(1914年 - 2003年)は1978年にハーパー(現ハーパーコリンズ)へ株式を売却して代表権を返上し、リッピンコット社の同族経営は終わりを告げた[2]1990年にはオランダの医学書出版社、ウォルターズ・クルワーがハーパーよりリッピンコットを買収し、1995年にウォルターズ・クルワー傘下のレイブン・プレス(Raven Press)と合併してリッピンコット・レイブンとなるが、1998年にはさらにウィリアムズ・アンド・ウィルキンスと合併してLWWとなり、現在に至る。

米国外では、ロンドン香港シドニーに事業所を設置している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ リッピンコットがストークスより継承した代表的な出版物にはヒュー・ロフティングの『ドリトル先生』シリーズ(1 - 9巻と番外編)、L・M・モンゴメリの『アン・ブックス』、エラリー・クイーンの作品群などがある。
  2. ^ J・リッピンコット氏死去 米の元出版社経営者47NEWS2003年1月30日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]