リットン・ストレイチー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夫人が描いた肖像画

リットン・ストレイチーLytton Strachey1880年3月1日1932年1月21日)は、イギリス伝記作家で、批評家

ヴァージニア・ウルフE・M・フォースターJ・M・ケインズ等と共にブルームズベリー・グループの主要メンバーで、同性愛者であった。夫人ドーラ・キャリントンは女流画家で、肉体関係なき共同生活を送った。

同性愛タブー視するなど偽善性が強かったヴィクトリア朝の文学・思想・道徳を批判し、偶像破壊的な伝記叙述のスタイルを確立した。ナイチンゲール伝やヴィクトリア女王伝が著名で、後者は1921年にジェイムズ・テイト・ブラック記念賞「伝記部門」を受賞した。

詳細な伝記に『キャリントン』(マイケル・ホルロイド、中井京子訳、新潮文庫、1996年)がある(ただし後半部のみの訳書。タイトルは夫人の伝記映画に合わせたもの)。

フロイト全集の英訳をしたジェームズ・ストレイチー(James Strachey)は実弟で、訳書『フロイト全著作解説』が刊行されている(人文書院、2005年)。

日本語訳書[編集]

※もう一編は、マシュー・アーノルドの父トーマス・アーノルドThomas Arnold)博士伝。
※初の完訳。マニング枢機卿、ナイチンゲール、トーマス・アーノルド、チャールズ・ゴードン将軍の4人。
以下は大半が戦前に訳された、古書でも「片岡訳」以外は入手困難。
凡書房、1958年、他に平凡社角川書店の「伝記シリーズ」で再刊。
  • 坂下昇訳 『ヴィクトリア女王』 三邦出版社 1941年
  • 堀大司訳 『ゴードン将軍の最期』 白水社、1941年、詳細な訳注。 
  • 山上正太郎訳 『小さき肖像畫 傳記文學集』 地平社、初版1943年
  • 日高直矢訳 『ヴィクトリア朝時代の秀れた人々』 福村書店、1950年
※ゴードン将軍、ナイチンゲールのみ邦訳。

外部リンク[編集]