リッジレーサーV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リッジレーサーV
ジャンル レースゲーム
対応機種 PlayStation 2
開発元 ナムコ
発売元 ナムコ
シリーズ リッジレーサーシリーズ
人数 1人
2人(対戦)
メディア CD-ROM
発売日 2000年3月4日
MEGA HITS!:2002年7月18日
デバイス デュアルショック2対応
デュアルショック対応
ネジコン対応
ジョグコン対応
メモリーカード(8MB)対応
アスペクト比 4:3
売上本数 約60万本
テンプレートを表示

リッジレーサーV』(リッジレーサーファイブ、RIDGE RACER V)とは、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)から発売されたレースゲーム

概要[編集]

キャッチコピーは、「リッジレーサーの現代(いま)がここにある」。 コンシューマーゲーム『リッジレーサー』シリーズの第5弾。

PlayStation 2ローンチタイトルとして発売され、シリーズで初めて60fpsで描写されるようになった。『リッジレーサーシリーズ』はプレイステーションでは計4作発売されたが、PS2で発売されたタイトルは本作のみである[1]

R4 -RIDGE RACER TYPE 4-』と同様コンティニュー回数に制限がある。また難易度ではHARDはリッジレーサーシリーズの中でも高めであり、ゲーム開始時に選択するEASY・NORMAL・HARDの難易度は途中からの変更はできない。

イメージガール(イメージキャラクター)は今作のみ永瀬麗子ではなく深水藍が登場し、オープニングムービーなどで見ることができる。

ゲーム中のナレーション鮎貝健が務めている。また、今回はサウンドディレクターがKohta "SOLIDSTATE" Takahashiになったため、『レイジレーサー』や『R4 -RIDGE RACER TYPE 4-』とはサウンド面で路線が変わっている。BGMには初のゲストミュージシャンが参加。ブンブンサテライツTAKESHI UEDA (fromTHE MAD CAPSULE MARKETS)、マイク・ヴァン・ダイクが参加した。

後に発売された『リッジレーサーズ』以降のシリーズには全てニトロが搭載されているため、本作が現時点で最後のニトロ無し『リッジ』ということになる。

システム[編集]

操作方法[編集]

ソニー・コンピュータエンタテインメントより発売されたデュアルショック2デュアルショック・コントローラといったゲームコントローラの他、ネジコンジョグコンにも対応している。

ハンドル操作は左スティックや方向キー、ネジコンの場合は左右ねじり、ジョグコンの場合はダイアルで行う。アクセルは×ボタン、あるいはIボタン。ブレーキは□ボタン、あるいはIIボタン。ミッションATMTを選択でき、MTの場合はシフトダウンとシフトアップを自分で操作する。なお、操作設定はオプションで変更することが可能。

ファクトリー[編集]

プレイヤーの活動の拠点となる場所(メニュー画面)である。

RACE(レース)
様々なレースに参加して、マシンエンジンを手に入れていくメインモード。
DESIGN(デザイン)
チーム名、クルマのカーナンバー、カラーリング、ホイールの変更などをデザインできるモード。
GARAGE(ガレージ)
獲得したマシン、エンジン、トロフィーなどを閲覧できるモード。
RECORD(レコード)
タイムや勝利数、走行距離などを確認できる。

レースモード[編集]

GRAND PRIX(グランプリ)[編集]

様々なレースをして、勝ち抜いていくモード。エクストラカー、オーバルカー(ともに後述)はこのモードで出現する。

DUEL(デュエル)[編集]

デュエルカーが出現するモード。「DUEL SOLO(デュエルソロ)」「BATTLE ROYAL(バトルロイヤル)」の2種類がある。

  • DUEL SOLO(デュエルソロ)
タイムアタックで各コースの「Rマーク記録」を更新すると、そのコースで「デュエルカー」と呼ばれるマシンと対決できる。プレイヤーとデュエルカー(ライバル)との一対一の対決で、勝つと対決したデュエルカーとメダルを獲得できる。なお、プレイヤーはスタンダードクラス・エクストラクラスの車を使うことができる(オーバルエンジンは使用不可)。出現するライバルや、使用コースは以下の通り。
PLUTO
ABOVE THE CITYでの対決。敵車はスペクトラ。加速は凄まじいが、コーナーで大きく失速する。ゆえにタイトなコーナーでは隙が大きい。
DEVIL
GREEN FIELDでの対決。敵車はクリナーレ。プレイヤーが遅いと一旦停止して、自分を抜かさせたあと再び抜き返してくる。また、挑戦車がスリップストリームに入ると、目前で急ブレーキをかけブロックしてくる。
SPIRIT
BAYSIDE LINEでの対決。敵車はリュムール。直線でのスピードは今ひとつだが、コーナーが速く、全く減速することがない。ベイサイドラインの後半はリュムールの独擅場というべきコーナー連続地帯であるため、下手な走りをすると抜かれることになりかねない。
ANGEL
SUNNY BEACHでの対決。敵車はアンジェラス。驚異的なスタートダッシュでプレイヤーを引き離し、そのまま逃げ切る戦術を採る。全体的に速く、常にコース中央辺りを走るため抜きづらい。さらに、時間帯が夜なので周りが見えにくく、より抜きづらくなっている。
  • BATTLE ROYAL(バトルロイヤル)
デュエルソロで上記の4人のライバルに全て勝つとこのモードが出現する。デュエルカー全4台と対決する。プレーヤーもデュエルカーが使用可能(デュエルカー以外は使用不可)。使用コースはOUTER PASS。

TIME ATTACK(タイムアタック)[編集]

プレーヤーのみのマシンで走り、最速タイムを目指すモード。DUELの出現に関連したモードである。

FREE RUN(フリーラン)[編集]

好きなコースを、好きなマシンで、好きなだけ走れるモード。走行終了後、走行距離が表示される。

99 TRIAL(ナインナイントライアル)[編集]

総走行距離999kmで出現する。SUNNY BEACHを99周するレース。リプレイは10周程でストップする。規定順位は無く、制限時間内に99周すればクリア。

PAC-MAN(パックマン)[編集]

総走行距離3000kmで出現する。パックマンカーVSモンスターカーのレースである。使用コースはPARK TOWN。このレースに勝つと、アカベイ、アオスケ、ピンキー、グズタの4台の車とエンジンが手に入る。

グズタはエンストしてマフラーから黒煙を上げて視界を遮り、ピンキーとアオスケはプレーヤーの前にいると急ブレーキでブロックしてくる。

クラス[編集]

今作のリッジレーサーでは、マシンの性能別にクラス分けがある。

スタンダードクラス
最も基礎となるクラスで、性能は決して高いとはいえないが、ドライビングに慣れるためにあるともいえる。
エクストラクラス
スタンダードクラスのマシンをチューンアップしたマシン。それぞれの性能が上がり、エアロパーツをつけているなど、能力が格段に向上している。また、搭載するエンジンが各マシンに2種類ずつある。
エクストラエンジン
加速・最高速を引き上げている仕様。エクストラクラスのマシンは主にこれを搭載する。デュエルの「デュエルソロ」モードで使用可能。
オーバルエンジン
AIRPORT OVALを走るために開発されたエンジン。加速、最高速が極限までパワーアップされ、車種によっては400km/h以上を出すことが可能なものもある。一方でコーナリング性能は低下する。また、エクストラエンジンとは違って、デュエルの「デュエルソロ」モードでは使用不可能。
デュエルクラス
他のクラスとは比べ物にならないほど性能が高く、かなりのテクニックを要するものばかりである。パックマンカーやこれのライバルのモンスター4体も、デュエルクラスに属する。そのため、この5車種はデュエルモードの「バトルロイアル」で使うことが可能だが、この5台は他のデュエルカーより圧倒的に性能が下回っているため、実際に勝つことは至難の業である。

コース[編集]

エアポートオーバル以外の6コースが一部区間を共用。また、この7コースにはそれぞれ逆走版もある。

SUNNY BEACH(サニービーチ)
全長4,108m
リッジレーサー』の初級・中級コースを元にしたコース。市街地から海岸線を駆け抜ける。4つの急なコーナーをいかに速く走れるかがカギとなる。
GREEN FIELD(グリーンフィールド)
全長5,868m
サニービーチから分岐して湾岸線を駆け抜けるコース。平均速度が高いためいかにコーナーで減速せずに曲がれるかがポイント。ちなみに、コースレイアウトは『リッジレーサー』の上級・T.T.コースや『レイブレーサー』の上級コースと同じだが、幅員が広くなり、後半のS字と最終コーナーの間にあったジャンプスポットがなくなっているため、圧倒的にこちらの方が走りやすい。
PARK TOWN(パークタウン)
全長3,528m
非常にシンプルなコースで、全開区間が多いが、トップスピード中急にヘアピンコーナーがきたりと、減速を極限までなくすのがコツとなる。
OUTER PASS(アウターパス)
全長4,535m
山岳地帯を走るミドルコース。コースの形はサニービーチと似ているが、全くの別物といっていい。高低差が激しいため、テクニックが必要。シケインや連続カーブも多い。
ABOVE THE CITY(アバヴザシティ)
全長5,193m
パークタウンから分岐するコース。変則的なコーナーが多く、難易度は比較的高い。
BAYSIDE LINE(ベイサイドライン)
全長7,830m
アウターパスから分岐するコース。S字コーナー、長い下り坂からの連続カーブ、ヘアピンコーナーなどがあり難易度は高い。全長が1番長いので耐久性も必要となる。
AIRPORT OVAL(エアポートオーバル)
全長3,428m
空港の地下に設置された2つの東西にある大きなバンクコーナーとその間にあるきつめのコーナー1つ、そして何個かのストレートで構成されるハイスピードオーバルコース。アクセル全開でどこまで行けるかが勝負となる。

マシン[編集]

マシンは「ドリフト」と「グリップ」の2種に分かれており、「ドリフト」のマシンと「グリップ」のマシンではドリフト中の操作法が少々異なっている。

スタンダードクラス・エクストラクラス[編集]

FIARO(フィアロ)
メーカー:KAMATA タイプ:ドリフト 駆動方式FR ギア数:5
リッジレーサーシリーズでは定番の初心者向けドリフトカー。初心者はこのマシンでドリフトの感覚を掴むことが望ましい。車名は第1作「リッジレーサー」に登場した車種、「F/A RACING」から(F/Aを「FIA(/をIに見立てた)」に、Racingを「RO」してFIARO)であり、マシンのデザインもPS版リッジレーサーのそれと同様である。
TOREADOR(トレアドール)
メーカー:DANVER タイプ:ドリフト 駆動方式:FR ギア数:4
アメリカ車風の大型ボディに4速ギアの大排気量エンジンを搭載する中級者向けドリフトカー。乗りこなすにはそれなりのテクニックを要する。
SOLARE(ソラーレ)
メーカー:RIVELTA タイプ:ドリフト 駆動方式:MR ギア数:6
上級者向けドリフトカーでデュエルクラスの一部のマシンを除いて最高速が一番優れている。乗りこなせば速いが、少しのミスが大きなスピンを招く。乗りこなすにはかなりのテクニックを要する。車名は第1作「リッジレーサー」に登場した車種、「RT YELLOW SOLVALOU」及び「RT BLUE SOLVALOU」から来ているが、マシンのデザインやカラーリングはレイブレーサーのライバルカーと酷似している。
FORTUNE(フォーチュン)
メーカー:KAMATA タイプ:グリップ 駆動方式:FF ギア数:5(スタンダード時)、6(エクストラ、オーバル時)
加速や最高速は高くないもののコーナーでは安定し、よく曲がる。初心者向けグリップカーといえる。エクストラクラスではエンジンが大きく進化する(EX:2LのV型6気筒、OV:4.3Lの直列4気筒)。
MERCURIO(メルクーリオ)
メーカー:RIVELTA タイプ:グリップ 駆動方式:4WD ギア数:6
加速、最高速ともにバランスの取れた中級者向けグリップカー。その容姿の美しさから、リッジシティの象徴とされる。重量配分に優れたフロントミッドにエンジンを搭載する4WD。
E.O.(イーオー)
メーカー:HIMMEL タイプ:グリップ 駆動方式:RR ギア数:5(スタンダード時)、6(エクストラ、オーバル時)
加速、最高速ともに非常に高い上級者向けグリップカー。高回転に弱いSOHCエンジンであることを微塵にも感じさせないスピードの伸びがある。一方でグリップカー分類ではあるがハンドリングにクセがありステアリングを切り続けるだけで簡単にテールが出るという特性から乗り手を選ぶ。

デュエルクラス[編集]

SPECTRA(スペクトラ)
メーカー:DANVER タイプ:ドリフト 駆動方式:FR ギア数:6
超大型のボディに大馬力、10リットルもの大排気量のスーパーチャージャーエンジンを積む。外見はシボレー・ベル・エアー等を髣髴とさせる1950年代-60年代頃のアメ車ローライダーそのもの。そのエンジンは3221psを発生させる高出力で、加速はすさまじく、すぐに最高速の400km/h近くに達する。一方でグリップ力が低く、巨大なパワーも相まってコーナーではマシンが暴れやすい。また、馬力にギア比が追いついていないため、パワーに比して最高速が頭打ちになりやすい。極限まで高出力を求めてチューニングされているため、レッドゾーンは10000rpm以上となっている。そのため低回転域ではパワー不足となり、低回転域のトルクの強さは失われている。
CRINALE(クリナーレ)
メーカー:RIVELTA タイプ:ドリフト 駆動方式:MR ギア数:7
通称「デビルカー」。マシンのデザインはPS版初代リッジレーサーに登場したデビルカー「13th RACING」と似ており、漆黒の車体・悪魔フードクレストマーク・カーナンバー13と、マシンに不吉なオーラが漂う。エンジンは4ターボ装着であり、フルブースト時には2000psを超えるパワーを絞り出し、さらに、独特のブローオフバルブの音がアクセルオフ、ギアチェンジの度に大きく鳴り響くため、不吉とは別の雰囲気を出している。パワーに比して旋回性能は不足気味で、コーナーでの姿勢制御が難しい。
RUMEUR(リュムール)
メーカー:SOLDAT タイプ:グリップ 駆動方式:RR ギア数:5
ミニクーペのボディの後方にエンジンを積む小型のデュエルカー。エンジンは外部に剥き出しとなっている。全車中屈指の旋回能力であり、僅か500kg程の車体を急旋回させ、ほぼ全てのコーナーをアクセル全開で曲がることができる(ただしブレーキを踏みながら曲がろうとすると強いアンダーステアが発生する)。一方でスピードと加速はやや控えめである。
ANGELUS(アンジェラス)
メーカー:KAMATA タイプ:グリップ 駆動方式:MR ギア数:7
通称「エンジェルカー」。カーナンバーは0。マシンのデザインはPS版リッジレーサーレボリューションに登場したデビルカー「WHITE ANGEL」と似ており、マクラーレン・F1ホンダ・NSXタイプRを髣髴とさせる形状。W型18気筒DOHCエンジンのお陰で最高速591km/hは歴代リッジシリーズ史上最高速度である(2013年現在)。さらに、高い旋回能力を誇る。しかし、グリップが強すぎるためドリフトが一切できず、タイトコーナーではブレーキングを長く行わなければならないため、コーナリングスピードが他の車よりも遅い。また、馬力に比してトルクが細いため、2プレイヤーレースでスリップストリームを使わない限り最高速に近いスピードは出せない(単走では400km/h台後半で頭打ちになる)。
PAC-MAN(パックマン)
メーカー:NAMCO タイプ:ドリフト 駆動方式:不明
モデルはパックマン。外見は幼児用四輪車に酷似している。最高速はデュエルクラスの中でもっとも低く、また、加速力(特に低速加速)も悪いが、旋回性・グリップが良い。プレイヤーが通算3000km走行すると使うことができるようになる。サスペンションが極端に柔らかく、走行中は前後左右方向に強烈なピッチングローリングが発生する。
AKABEI(アカベイ)
メーカー:NAMCO タイプ:グリップ 駆動方式:不明
アンジェラス同様グリップ力が非常に高いためドリフトができず、低速では曲がるが最高速付近に近づくとものすごく極端に曲がらなくなる。速ければ速い程曲がらなくなるという車の性質が出過ぎている。なお、アカベイ以下の4台は全て形状がスクーターにタイヤを無理やり4本つけたような形状となっており、運転感覚も2輪車のそれとほぼ同じになっている。
AOSUKE(アオスケ)
メーカー:NAMCO タイプ:ドリフト 駆動方式:不明
4速ギアのギア比が合っておらず、加速性能がドライバー同様に気まぐれである。そのため自力でシフトチェンジができないATでは思うような加速ができず、MTでの走行が基本になる。ただし、最高速はNAMCO車の中で一番高い。
PINKY(ピンキー)
メーカー:NAMCO タイプ:グリップ 駆動方式:不明 ギア数:1
ものすごい加速性能で、スタートでは静止状態からコンマ数秒で200km/h以上となり、僅か3秒程で最高速付近に達する。
GUZUTA(グズタ)
メーカー:NAMCO タイプ:ドリフト 駆動方式:不明
恐らく全車種中もっとも扱いにくい車。最高速も低く、直進時は簡単にリアがスライドしそうになるが、ドリフトさせるとグリップが妙に上がるハイサイドの状態になる。そのためコーナリングワークが非常に難しい。なお、グズタが敵として登場した時は、黒煙をあげてエンストしプレイヤーの視界を遮ってくる。

リッジレーサーV アーケードバトル[編集]

 アーケードゲーム版第5作目。『リッジレーサーV』をアーケードゲーム用に移植したタイトル。2000年11月28日稼動開始。1位でゴールした場合は次のレースのプレイ料金が無料になるなど、独特のクレジットサービスが設定されていた。この作品に使われた2シート筐体は、後に同じ基板を使用する『湾岸ミッドナイト』に流用された。

関連商品[編集]

リッジレーサーV オリジナル・ゲームサウンドトラック
本作のサウンドトラック。日本では2000年1月1日にソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズより発売された。権利関係からか、レース中に流れる一部の楽曲は収録されていない。

脚注[編集]

  1. ^ ただし派生タイトルとしては『MotoGP』・『R:RACING EVOLUTION』が発売されている。

外部リンク[編集]