リック・リズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リック・リズ (Rick Rizzs) は、シアトル・マリナーズの専属アナウンサー。ファインプレーなどが飛び出したときの口癖"Holy smokes!"やホームランが出たときのフレーズ、"Good-bye, baseball!"で知られる。

1975年南イリノイ大学カーボンデール校を卒業し、その後ラジオなどの実況を担当した後、1983年から現職。同僚の解説者、デーブ・ヘンダーソンと共にチームに帯同し、Fox Sports Netの放送で各地からマリナーズ戦のアナウンスを行っている。

「レーザービーム」[編集]

2001年4月11日オークランド・アスレチックスシアトル・マリナーズ戦の8回裏、アスレチックスのラモン・ヘルナンデスの右前安打で、一塁から三塁を狙ったテレンス・ロングをライトのイチロー補殺したときの矢のような送球を、実況していたリック・リズがレーザービームと表現した("Holy smokes! A laser beam strike from Ichiro!")。以来この表現が日本にも広まったが、リズ本人は実際のレーザー光線がどんなものかは見たことがないという[要出典]

外部リンク[編集]