リチャード・ブラックウェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リチャード・ブラックウェル
Richard Blackwell
生誕 1922年8月29日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
死没 2008年10月29日(満86歳没)
カリフォルニア州ロサンゼルス
職業 ファッション評論家
ジャーナリスト
テレビ司会者

リチャード・ブラックウェルRichard Blackwell1922年8月29日 - 2008年10月19日)はアメリカ合衆国ファッション評論家ジャーナリストテレビ司会者、元子役ファッションデザイナー。本名リチャード・シルヴァン・セルザーRichard Sylvan Selzer)。

辛口なファッション評論で知られる。通称「Mr. Blackwell」。その年、最も悪いファッションを披露した女性著名人をリストアップするミスター・ブラックウェルが選ぶ女性ワーストドレッサーとベストドレッサーにあたるファビュラス・ファッション・インデペンデンツを制作し、発表していた。また、アカデミー賞授賞式の参加者のファッションチェックも行った。

人物[編集]

私生活[編集]

60年間パートナーであったロベルト・スペンサーとロサンゼルスのハンコット公園の近くに住んでいた。

1964年、都市へ訪問するビートルズの為に、自宅を貸した事がある。これはマスコミにリークされて、公になった。

2001年に病院の医師から顔の筋肉が高度に麻痺した状態であると診断される。ブラックウェルはその活動40年で初めて生の記者会見でファッションチェックリストを公開する事が出来ず、以後6ヶ月間、公から姿を消した。その後は通常生活ができるまでに回復し、活動も再開した。

2008年10月19日感染症による合併症のため死去。86歳没[1]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ CNN.co.jp (2008年10月20日). “「ワースト・ドレッサー」選者のブラックウェル氏が死去、86歳”. 2008年11月12日閲覧。