リチャード・フォンタナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Richard Fontana
生誕 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン区
職業 弁護士レッドハット
テンプレートを表示

リチャード・フォンタナ(Richard Fontana)は、アメリカ合衆国フリーソフトウェアオープンソースソフトウェアに詳しい弁護士である。フォンタナは2005年12月から2008年2月まで、Software Freedom Law Center (SFLC)の法律顧問(法務相談役; legal counsel)を務めていた。フォンタナは現在、レッドハットオープンソース・ライセンシング並びに特許関連顧問(Open Source Licensing and Patent Counsel)を務めている[1]

SFLCでの功績[編集]

フォンタナはGNU General Public Licenseバージョン3 (GPLv3)GNU Lesser General Public Licenseバージョン3 (LGPLv3)そしてGNU Affero General Public Licenseについて、リチャード・ストールマンエベン・モグレンと共に合わせた3人の主要著作権者の一人である[2][3][4]。SFLCにおけるフォンタナの功績は、フリーソフトウェア財団のようなフリーソフトウェアオープンソースソフトウェアに関わる同所の顧客の法的代理人に就任したこと、並びに著作権特許問題に関し彼らに助言を行ったケースなどが含まれる。

脚注[編集]

  1. ^ Red Hat Announces Key New Appointments to its Open Source Licensing & Intellectual Property Law Team”. Red Hat, inc. (2008年3月5日). 2008年6月14日閲覧。
  2. ^ GPLv3 authors comment on final draft”. 2008年3月4日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ Bruce Byfield (2006年8月25日). “The GPLv3 process: Public consultation and private drafting”. Linux.com. 2008年3月4日閲覧。
  4. ^ Bruce Byfield (2006年8月25日). “GPLv3の策定プロセス:公開の審議と非公開の起案”. Linux.com, SourceForge.JP Magazine. 2011年2月18日閲覧。