リチャード・ザーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リチャード・ネイル・ザーレ(Richard Neil Zare, 1939年11月19日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド出身の物理化学者、スタンフォード大学教授(化学科)。

経歴[編集]

1961年ハーバード大学より、学士号を取得した後、同大学のダドリー・ハーシュバックの元で博士号を1964年に取得した。1965年MITで化学科の助教授になった後、1966年コロラド大学に移り、1969年まで在籍した。その後、1969年に29歳の若さでコロンビア大学の教授となった。1977年スタンフォード大学に移動し、それ以来同大学に在籍している。2006年ハワード・ヒューズメディカルインスタチュート教授となった[1]

研究[編集]

ザーレは、レーザー化学における業績が広く認められている。レーザーを用いて一分子レベルで化学反応を見る数多くの手法を開発した。近年では、それらを利用した一分子分光法が化学のみならず生物分野でも多く利用されている[2]

受賞[編集]

上記の業績より、数多くの賞を受賞している。以下はその中の一部である。

外部リンク[編集]

参照[編集]

  1. ^ Richard N. Zare CV
  2. ^ Mark Shwartz (2005年1月27日). “2005 Wolf Prize given to chemist Richard N. Zare”. Stanford Report. http://news.stanford.edu/news/2005/february2/wolf-020205.html 2011年9月23日閲覧。  - ウルフ賞受賞時の記事