リチャード・コックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リチャード・コックスRichard Cocks1566年1月 - 1624年)は、ステュアート朝イングランドイギリス)の貿易商人スタフォードシャー州ストールブロックの人。江戸時代初期に日本平戸にあったイギリス商館長(カピタン)を務めた。在任中に記した詳細な公務日記「イギリス商館長日記」(Diary kept by the Head of the English Factory in Japan: Diary of Richard Cocks, 1615-1622)は、イギリスの東アジア貿易の実態や日本国内の様々な史実を伝える一級の史料である。

イギリス商館長[編集]

1613年慶長18年)、コックスは東インド会社によって日本に派遣される。江戸幕府大御所徳川家康の外交顧問であったイングランド人のウィリアム・アダムス(三浦按針)の仲介によって家康に謁見して貿易の許可を得て、平戸に商館を建てて初代の商館長に就任した。

1615年元和元年)に平戸において、三浦按針が琉球から持ち帰ったサツマイモ九州以北で最初に栽培したといわれている。

1615年6月5日の日記に、「豊臣秀頼様の遺骸は遂に発見せられず、従って、彼は密かに脱走せしなりと信じるもの少なからず。皇帝(徳川家康)は、日本全国に命を発して、大坂焼亡の際に城を脱出せし輩を捜索せしめたり。因って平戸の家は、すべて内偵せられ、各戸に宿泊する他郷人調査の実際の報告は、法官に呈せられたり。」と書いている。

1616年には征夷大将軍秀忠朱印状更新を求めるため江戸に参府した。1617年には英国王ジェームズ1世の家康宛ての親書を献上するため伏見で秀忠に謁見したが、返書は得られなかった。この頃からオランダによるイギリス船隊への攻撃が激しくなり、その非法を訴えるため、1618年 - 1619年には2度めの江戸参府を行った。1619年にも伏見滞在中の秀忠を訪問した。1620年(元和6年)の平山常陳事件では、その積荷と密航宣教師スーニガ及びフローレスの国際法上の扱いをめぐり幕府に貢献した。

しかし、1623年(元和9年)のアンボン虐殺事件を機にイギリス商館の閉鎖が決まったため日本を出国、翌年帰国の船中で病死した。

参考資料[編集]

関連項目[編集]