リチャード・ウォーリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リチャード・ウォーリン(Richard Wolin、1952年-)は、アメリカの思想史家。ニューヨーク市立大学大学院センター教授。専門は、ヨーロッパ思想史。

リード・カレッジ卒業後、ヨーク大学で修士号および博士号取得。ライス大学教授を経て、現職。

著書[編集]

  • Walter Benjamin: an aesthetic of redemption, Columbia University Press, 1982.
  • The politics of being: the political thought of Martin Heidegger, Columbia University Press, 1990.
『存在の政治――マルティン・ハイデガーの政治思想』、小野紀明堀田新五郎小田川大典訳、岩波書店、1999年
  • The terms of cultural criticism: the Frankfurt School, existentialism, poststructuralism, Columbia University Press, 1992.
  • Labyrinths: explorations in the critical history of ideas, University of Massachusetts Press, 1995.
  • Heidegger's children: Hannah Arendt, Karl Löwith, Hans Jonas, and Herbert Marcuse, Princeton University Press, 2001.
『ハイデガーの子どもたち――アーレント/レーヴィット/ヨーナス/マルクーゼ』、村岡晋一小須田健平田裕之訳、新書館、2004年
  • The seduction of unreason: the intellectual romance with fascism from Nietzsche to postmodernism, Princeton University Press, 2004.
  • The Frankfurt school revisited: and other essays on politics and society, Routledge, 2006.
  • The wind from the east: French intellectuals, the cultural revolution, and the legacy of the 1960s, Princeton University Press, 2010.
『1968 パリに吹いた「東風」――フランス知識人と文化大革命』、福岡愛子訳、岩波書店、2014年

編著[編集]

  • The Heidegger controversy: a critical reader, edited by Richard Wolin, Columbia University Press, 1991.