リタ (東ローマ皇后)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リタラテン文字表記:Rita, 1278年 - ?)は、東ローマ帝国皇帝ミカエル9世パレオロゴスの皇后。結婚後はマリアと改名した。

父は、キリキア・アルメニア王国の王レオーン3世、母はケラン王妃。1296年にミカエルと結婚し、7子をもうけたが、確認できるのは4人である。