リタ・パヴォーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リタ・パヴォーネ(Rita Pavone 1945年 8月23日-)はイタリアカンツォーネ歌手である。

人物[編集]

イタリアトリノ生まれ。歌手デディ・レーノに見出され、17歳の時にデビュー。一躍カンツォーネ界のアイドルとして活躍。ボーイッシュでパンチのある歌声で本国イタリアではエルビス・プレスリーを凌ぐ人気を誇り、日本でも『恋の意気地なし』などがヒット。特にヒデとロザンナが大ファンであったという。一時期アメリカにも進出していた。 2005年に引退を発表した。

代表曲[編集]

  • アモーレ・ツイスト (Amore Twist)
  • 恋の意気地なし (Come te non c'e nessuno)
  • 恋の山脈 (Sul Cucuzzolo)
  • 恋のフットボール (La partita di pallone)
  • クレメンタイン・シェリー (Clementine Che'rie)
  • リメンバー・ミー (Remember me)
  • 禁じられた抱擁 (Che M'Importa Del Mondo)
  • ズッケロ (Zucchero) ※第19回サンレモ音楽祭入賞曲。
  • トマト・ジュース乾杯!! (Viva la pappa col pomodoro)
  • 学校のタンゴ (Il Tango Della Scuola)
  • 別れの終列車 (Dimmi ciao bambino)
  • こころ(Cuore)
  • ルイ (Lui)
  • Tu sei pallido (My boy lollipop)
  • ハイスクール清純デュエット ペギー・マーチとのカップリング。

映画出演[編集]