リスボン攻防戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リスボン攻防戦
Siege of Lisbon - Muslim surrender.jpg
リスボン包囲中のアフォンソ・エンリケス
戦争レコンキスタ
年月日1147年7月1日-10月24日
場所リスボン
結果:ポルトガル、十字軍の勝利
交戦勢力
ポルトガル王国
十字軍
ムーア人
指揮官
アフォンソ1世 不明
戦力
計13000
  • イングランド人6000
  • ドイツ人5000
  • フラマン人2000
7000以下

リスボン攻防戦(英:Siege of Lisbon)は1147年7月1日から10月25日にかけ、リスボンの支配権をめぐって行われた攻城戦である。これによってリスボンはポルトガルの統治下におかれ、ムーア人の勢力下から奪回された。

リスボン攻防戦は失敗に終わった第二回十字軍の数少ないキリスト教徒側の勝利の一つであり、レコンキスタの中でもとりわけ重要な戦いと見なされる。

1144年エデッサ陥落に対し、教皇エウゲニウス3世は新たな十字軍を呼びかけた。 1147年春、教皇はイベリア半島内での十字軍を公認。レオンアルフォンソ7世のムーア人に対する戦争を十字軍の一環と位置づけた。1147年5月、十字軍の最初の派遣団がイングランドダートマスを出港し、聖地に向けて旅立った。悪天候のため船団はポルトガル沿岸での停止を余儀なくされ、1147年6月16日、北部の街ポルトへ寄港。十字軍はそこでポルトガル王アフォンソ1世と会見する。街の略奪と捕虜の身代金獲得を許可するという契約を結び、リスボン攻撃への参加に同意した。

包囲は7月1日より開始された。4ヵ月後の10月24日、城内の食糧が底を突き、ムーア人領主らは降伏勧告に同意する。 大部分の十字軍戦士は、新たに得たリスボンに定住し、その他は聖地への船旅を再開した。リスボンはその後1255年に、ポルトガル王国の首都となった。