リシャード・マシューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リシャード・マシューズ

Rishard Matthews
マイアミ・ドルフィンズ No. 86

ワイドレシーバー
生年月日:1989年10月12日(24歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ
身長:6' 0" =約182.9cm 体重:210 lb =約95.3kg
NFLデビュー
2012年マイアミ・ドルフィンズ
経歴
大学ネバダ大学リノ校
NFLドラフト2012年 / 7巡目(全体の227番目)
 所属チーム:
通算成績
(2013年までの成績)
レシーブ回数     52回
レシーブ獲得ヤード     599ヤード
TDレシーブ     2回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

リシャード・マシューズ(Rishard Matthews 1989年10月12日- )はカリフォルニア州サンディエゴ出身のアメリカンフットボール選手。現在NFLマイアミ・ドルフィンズに所属している。ポジションはワイドレシーバー

経歴[編集]

カリフォルニア州サンタアナの高校からベイカーズフィールド・カレッジを経て、ネバダ大学リノ校に転校した。ネバダ大学では2010年に49回のレシーブで793ヤードを獲得、4TDをあげて、ウェスタン・アスレティック・カンファレンス英語版のセカンドチームに選ばれた。2011年シーズン前には、ビレトニコフ賞やホーナング賞の候補に名前があがった[1]。ネバダ大学では2年間で、147回のレシーブ、2,243ヤード、13TDの成績をあげた。

2012年のNFLドラフト7巡でマイアミ・ドルフィンズに指名された。5月22日、ドルフィンズと4年契約を結んだ[2]。同年11月15日のバッファロー・ビルズ戦で初出場した。

12月23日のビルズ戦では、いくつかのキーとなるレシーブで、24-10の勝利に貢献した[3]

ジェフ・アイルランドゼネラルマネージャーより、2013年の向上が期待された[4]。11月11日のタンパベイ・バッカニアーズ戦で11回のレシーブで120ヤードを獲得、2TDをあげた[5]。ドルフィンズで5回プロボウルに選ばれたマーク・クレイトン1988年に10キャッチ、複数TDをあげて以来となる、2桁レシーブ回数と複数TDをあげた選手となった[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Profile”. 2013年4月29日閲覧。
  2. ^ 5月22日発表の選手契約”. アメフトNewsJapan (2012年5月22日). 2013年4月29日閲覧。
  3. ^ Rookie Report: Rishard Matthews”. マイアミ・ドルフィンズ (2012年12月24日). 2013年4月29日閲覧。
  4. ^ Ben Volin (2013年2月4日). “Miami Dolphins GM Jeff Ireland: We violated our principles by drafting Ryan Tannehill”. blogs.palmbeachpost.com. 2013年4月29日閲覧。
  5. ^ Joey Knight (2013年11月12日). “Rishard Matthews sparks Miami Dolphins offense”. マイアミ・ヘラルド. 2014年1月18日閲覧。
  6. ^ Matt Kelley (2013年11月23日). “Rishard Matthews goes from long shot to making history for Miami Dolphins”. マイアミ・ヘラルド. 2014年1月18日閲覧。

外部リンク[編集]