リサ・バティアシュヴィリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リサ・バティアシュヴィリ

リサ・バティアシュヴィリ (グルジア語: ლიზა ბათიაშვილი, Lisa Batiashvili、1979年 - ) は、グルジア出身のヴァイオリニスト。夫はオーボエ奏者のフランソワ・ルルー

経歴[編集]

グルジアの首都トビリシに生まれ、1994年に一家でドイツミュンヘンに移住する。ハンブルクでマルク・リュボツキーに、ミュンヘンでアナ・チュマチェンコにヴァイオリンを師事。1995年にはわずか16歳にしてシベリウス国際ヴァイオリン・コンクールにおいて2位に入賞し脚光を浴びた。

2001年にBBCプロムスのコンサートに初出演して絶賛を浴びたほか、2007年にはベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ニューヨーク・フィルハーモニックの演奏会にもデビュー。2003年にはシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭においてレナード・バーンスタイン賞を受賞。現在は世界各地で一流指揮者やオーケストラと共演を重ねており、日本ではNHK交響楽団と2004年1月(シャルル・デュトワ指揮)、2006年4月(シャルル・デュトワ指揮)、2009年1月(デイヴィッド・ジンマン指揮)、2011年12月(シャルル・デュトワ指揮)に共演している。

2001年にEMIよりCDデビュー(この時はエリザベス・バティアシュビリ-Elisabeth Batiashvili名義)。その後ソニー・クラシカルから2枚のCDをリリースし、2010年にはドイツ・グラモフォンへ移籍。この他、夫であるフランソワ・ルルーのCDにもヴァイオリニストとして参加している。

使用楽器[編集]

日本音楽財団貸与の1709年製ストラディヴァリウス「エングルマン」

ディスコグラフィー[編集]

CD[編集]

DVD[編集]

外部リンク[編集]