リコンサイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リコンサイル(Reconcile)とは、リスク管理の手法の一つ。

営業部門(フロントオフィス)と事務管理部門(バックオフィス)との、お互いが持っている取引データを突合(とつごう)し、誤差等の原因究明を行う作業。

事務リスクを管理する手法の一つ。

関連項目[編集]