リクスモール協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リクスモール協会(Riksmålsforbundet)は、1907年4月7日ビョルンスティエルネ・ビョルンソンノルウェーリクスモール(ブークモール)支持派によって設立された団体。伝統的なリクスモールの擁護を掲げ、ランスモール(ニーノシュク)、またリクスモールとランスモールの相互の接近によって将来的に文章語を統一しようとするサムノシュク(samnorsk)政策、またランスモール的な語形を多く取り入れたブークモールに反対する。会誌「Ordet」(言葉の意)を発刊する。1981年2005年の正書法改定でのリクスモール的な語形の容認、また2002年の政府のサムノシュク政策の正式な廃止と、近年はリクスモール派の意に沿う状況が続いている。

会長[編集]

参考文献[編集]

  • Langslet, Lars Roar (1999): I kamp for norsk kultur : riksmålsbevegelsens historie gjennom 100 år Oslo : Riksmålsforbundet

外部リンク[編集]

Northern-Europe-map-extended.png この「リクスモール協会」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ