リガスーパーマーケット屋根崩落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リガスーパーマーケット屋根崩落事故
Riga Maxima supermarket collapse.jpg
現場から集められた瓦礫。後の建物右隅一角が崩落。
場所 ラトビアの旗 ラトビア リガ市ゾリトゥーデ区
座標 北緯56度56分38秒 東経24度1分3秒 / 北緯56.94389度 東経24.01750度 / 56.94389; 24.01750座標: 北緯56度56分38秒 東経24度1分3秒 / 北緯56.94389度 東経24.01750度 / 56.94389; 24.01750
日付 2013年11月21日
午後6時頃(UTC+2)
死亡者 54人
負傷者 39人

リガスーパーマーケット屋根崩落事故は、ラトビアの首都リガ市ゾリトゥーデ区に存在したスーパーマーケット屋根2013年11月21日に突然崩壊した事故。二次災害に巻き込まれた消防隊員を含め50人以上の死者を出した。

経緯[編集]

2013年11月21日午後6時頃、夕刻の買い物客でにぎわうスーパーマーケット・マキシマの屋根が突然崩落。多数の買い物客が落ちてきた天井の下敷きとなった。リガ市の消防隊員は、直ちに現場に駆けつけ救助活動を開始したが、屋根が再び拡大崩壊し、救助活動中の複数の隊員が犠牲となった。死者・行方不明者数が50人以上となり、ラトビア国内において過去最大級の惨事となったことから、政府は同月23日から3日間の服喪を宣言した[1]。また同27日にはドムブロフスキス首相が「悲劇の政治的責任を取る」として辞任を表明した。

原因[編集]

崩落の原因は調査中であるが、事故直前のスーパーマーケットの屋上は陸屋根のスペースを利用し、土で覆われた屋上庭園や子供の遊び場になっていた。屋上に庭園を造る作業が行われていたとの地元メディアの報道もある[2] 。リトビア内相の「建築基準の遵守に問題があったことは明白」とのコメント[3]もあり、崩落の原因は建物の構造上の欠陥、設計、施工上のミスなどが有力視されている。

出典[編集]

外部リンク[編集]