リカルド・ロドリゲス (レーサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リカルド・ロドリゲス
Rodríguez at 1962 Dutch Grand Prix.jpg
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 同・メキシコシティ
生年月日 1942年2月14日
没年月日 1962年11月1日(満20歳没)
F1での経歴
所属チーム フェラーリ
活動時期 1961 - 1962
出走回数 5
優勝回数 0
通算獲得ポイント 4
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1961年イタリアGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1962年イタリアGP
タイトル -
テンプレートを表示

リカルド・ロドリゲスRicardo Rodríguez de la Vega 1942年2月14日- 1962年11月1日)は、メキシコレーシング・ドライバー

人物紹介[編集]

兄は同じくレーサーのペドロ。2人纏めて「ロドリゲス兄弟」と称されることもある。才能は兄以上と言われ、ル・マン24時間レースF1における最年少デビュー(F1は当時)、タルガ・フローリオ優勝など早くから実績を残したが、20歳の若さで事故死した。

後には兄のペドロも事故死しており、「国際的な活躍を見せたメキシコ人兄弟」と言われると共に、「揃ってレース中に死亡した悲劇の兄弟」としても語られる。

経歴[編集]

F1前[編集]

早くから才能を見せ、10代前半より自転車・2輪・4輪と多くのカテゴリーでチャンピオンとなった。4輪に転向後、1957年に国際競技ライセンスを獲得し、兄と共に国際レースにデビュー。

ル・マン24時間レースには、1959年にペドロと組み初参戦[1]。また1960年には、アンドレ・ピレットとのコンビで2位に入っている。17歳での参戦・18歳での表彰台は、共に2008年現在最年少記録である。

F1[編集]

1961年、F1イタリアGPにおいて、フェラーリに誘われスポット参戦。チームメイトのうちリッチー・ギンザーフィル・ヒルジャンカルロ・バゲッティの前方、ポイントリーダーのウォルフガング・フォン・トリップスからも0.1秒差の予選2位につけ、一躍注目を浴びた。また、決勝における19歳208日でのデビューは、当時の最年少記録である。

1962年もフェラーリから5レースに参戦、第3戦ベルギーGPでは4位に入賞。2戦欠場後の第6戦ドイツGPでも、6位に入賞している。若くしての活躍から、この年の「メキシコ最優秀スポーツ選手」にも選ばれていた。

事故死[編集]

この年の11月、ノンタイトル戦ながら、地元で初のメキシコGPが開催された。しかしフェラーリはこのレースに参戦せず、リカルドは代わりにロブ・ウォーカーからロータスのマシンで出走することとなった。

だが、プラクティス中に最終コーナーでクラッシュを起こし、リカルドはマシンから投げ出され即死した。20歳の早い死を受け、サーキットは「リカルド・ロドリゲス・サーキット」と命名された。

エピソード[編集]

  • 1971年に、兄ペドロもスポーツカーレースで他界。その為、リカルド・ロドリゲス・サーキットはエルマノス(兄弟の意味)・ロドリゲス・サーキットに改名された。
  • クレイジーケンバンドの楽曲に「ロドリゲス兄弟」があり、ペドロとリカルドをモチーフにしていると言われている。

注釈[編集]

  1. ^ この前年にも出走する予定だったが、16歳だったため若すぎるとして出走できなかった。

関連項目[編集]