リカルド・トーレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リカルド・トーレス
基本情報
本名 リカルド・アントニオ・トーレス
通称 Mochuelo
階級 スーパーライト級
国籍 コロンビアの旗 コロンビア
誕生日 1980年2月16日(34歳)
出身地 コロンビア ボリーバル県
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 34
勝ち 32
KO勝ち 28
敗け 2
テンプレートを表示

リカルド・トーレスRicardo Torres、男性、1980年2月16日 - )は、コロンビアプロボクサー。ボリーバル県出身。元WBO世界スーパーライト級チャンピオン。一発のパンチ力があり、9割近いKO率を誇るチャンピオンである。地元コロンビアでの試合が多かったため知名度は高くないが、ミゲール・コットからダウンを奪ったこともあるハードパンチャーである。「 Mochuelo (フクロウ) 」の異名を持つ。

来歴[編集]

2001年3月30日に21歳でプロデビューする。コロンビア国内での試合がほとんどであったが、KO勝利を積み重ねていく。

2005年9月24日WBO世界スーパーライト級王者ミゲール・コットプエルトリコの旗 プエルトリコ)に挑戦。序盤から激しい打ち合いになり、途中コットからダウンを奪うこともあったが、7回KO負けで王座獲得ならず。

2006年11月18日、空位のWBO世界スーパーライト級王座決定戦でマイク・アルノーティスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、2-1の判定勝ちで王座を獲得した。

2007年9月1日ケンドール・ホルトアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国)と対戦し、11回TKO勝ちで2度目の王座防衛に成功した。

2008年7月5日、ケンドール・ホルトと再戦。1回、開始直後に2度のダウンを奪うも、偶然のバッティングで動きが止まったところに右ストレートでダウンを奪われレフェリーストップとなり、1回1分1秒KO負けで王座から陥落した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位

前タイトル保持者
ミゲール・コット

第14代WBO世界スーパーライト級王者

2006年11月18日 - 2008年7月5日

次王者
ケンドール・ホルト