リオ・アントニオ・マヴュバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リオ・アントニオ・マヴュバ Football pictogram.svg
Mavuba Lille Liverpool.JPG
名前
本名 Rio Antonio Mavuba
リオ・アントニオ・マヴュバ
ラテン文字 Rio MAVUBA
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 1984年3月8日(30歳)
出身地 アンゴラ沖公海上[1]
身長 171cm
体重 64kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 リールOSC
ポジション MF (CH)
背番号 24
利き足 右足
代表歴
2004-2006
2004-
U-21フランス
フランスの旗 フランス

9 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リオ・アントニオ・マヴュバ(Rio Antonio Mavuba, 1984年3月8日 - )は、アンゴラ沖の公海上で生まれフランス国籍を保持するサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー(センターハーフ)。クロード・マケレレ2世との評価を受けている。

経歴[編集]

出生[編集]

父親はザイール代表として1974年の西ドイツワールドカップに出場したリッキー・マヴュバ(en)であり、母親はアンゴラ国籍である。アンゴラ内戦中、公海上を航行する船の上で生まれたため、彼のパスポートには出生地が記されておらず、ただ「海上で生まれた」(born at sea)とだけ記載されている[1]。母親は彼が2歳の時に死去し、父親は彼が14歳の時に死去したため、その悲しみを癒すためにサッカーを始めた[1]。彼はフランスで育ち、自身をフランス人であると認識しているため、2004年9月にフランス国籍が与えられた。

クラブ[編集]

FCジロンダン・ボルドーの下部組織で育ち、2004年1月のオリンピック・リヨン戦でトップチームデビューした。2007年7月3日、アレッシオ・タッキナルディを放出したリーガ・エスパニョーラビジャレアルCFと移籍金700万ユーロ(約11億7000万円)で5年契約を結んだが[2]、2007-08シーズン前半戦は5試合しか出場できず、2008年1月にリールOSCにレンタル移籍した[3]。シーズン終了後に移籍金推定700万ユーロでリールOSCと4年契約を交わし、完全移籍を果たした。

フランス代表[編集]

2004年、トゥーロン国際大会で大会最優秀選手に選出された。2004年8月18日、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦でフランスA代表デビューした。2006年に出場したUEFA U-21欧州選手権では準決勝でオランダ代表に敗れたが、チームメイトのスティーヴ・マンダンダジェレミー・トゥラランとともに大会ベストイレブンに選ばれた。2007年のビジャレアルCF移籍後はフランスA代表に招集されていなかったが、2012年8月15日のウルグアイ代表戦で5年ぶりに復帰した

所属クラブ[編集]

フランスの旗 リールOSC 2008.1-.6
  • フランスの旗 リールOSC 2008-

タイトル[編集]

クラブ[編集]

フランスの旗 FCジロンダン・ボルドー
クープ・ドゥ・ラ・リーグ 2007
フランスの旗 リールOSC
リーグ・アン 2010-2011
クープ・ドゥ・フランス 2010-2011

個人[編集]

UEFA U-21欧州選手権2006 大会ベストイレブン

脚注[編集]

  1. ^ a b c Mavuba: born without a nationBBC Sport、2004年10月14日
  2. ^ ビジャレアル、MFマブバと契約ロイター、2007年7月5日
  3. ^ マブバ、ビジャレアルからリールへ期限付き移籍livedoorスポーツ、2008年1月23日