リオン・フォイヒトヴァンガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォイヒトヴァンガーの記念切手

リオン・フォイヒトヴァンガーLion Feuchtwanger1884年7月7日 - 1958年12月21日)は、ヴァイマル共和国(現:ドイツミュンヘン出身のドイツ系ユダヤ人小説家劇作家1923年に同国の劇作家、詩人演出家ベルトルト・ブレヒトと『エドワード2世の生涯』(en:The Life of Edward II of England)や戯曲を共著している。代表作は1925年に著された歴史小説の『ユダヤ人ジュース』(en:Jud Süß (Feuchtwanger novel))が挙げられる。なお、『ユダヤ人ジュース』はベストセラーになり、1934年イギリス映画化され、その後は1940年ナチス反ユダヤ主義歪曲して映画化された[1]

1884年7月7日にヴァイマル共和国ミュンヘンにユダヤ人実業家の元に長男として生まれるが、シオニストであった父に反抗し、劇評や文筆活動で自立するようになる[1]

1933年にはナチスのニュルンベルク法、ユダヤ人迫害をおそれ、フランス亡命した後にアメリカに移り住む。フォイヒトヴァンガーはアメリカで反ファシズム運動を起こし、晩年には真剣さと娯楽性を兼備すると評価され、アメリカ、ソ連と、ドイツ国外に読者が多い[2]小説ゴヤ』や『Jefta und seine Tochter』を著す。

1958年12月21日、アメリカのロサンゼルスで亡くなる。

作品[編集]

  • 1930年、『Erfolg. Drei Jahre Geschichte einer Provinz』(Success)
  • 1933年、『Die Geschwister Oppermann』(The Oppermanns)
  • 1940年、『Exil』
  • 1932年、『Der jüdische Krieg』(Josephus)
  • 1935年、『Die Söhne』(The Jews of Rome)
  • 1942年、『Der Tag wird kommen』(Das gelobte Land, The day will come, Josephus and the Emperor)

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ a b フォイヒトワンガーとは - コトバンク、2012年10月22日閲覧。
  2. ^ フォイヒトワンガー - Yahoo!百科事典日本大百科全書、2012年10月22日閲覧。