リウヴィルの定理 (解析学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リウヴィルの定理(Liouville's theorem)は、有界整関数は定数関数に限るということを主張する複素解析定理である。ジョゼフ・リウヴィルにちなむ。整関数とは複素平面全体において正則(複素微分可能)な関数をいう。有界であるとは

\exists{M\in\mathbb{R}},\ \forall{z\in\mathbb{C}},\ |f(z)|\le{M}

であることをいう。

証明[編集]

コーシーの積分公式により

\frac{df(z)}{dz}=\frac{1}{2{\pi}i}\oint_{C_r}\frac{f(t)}{(t-z)^2}dt

である。ただし、Crz を中心とする半径 r の円とする。仮定により |f(z)| ≤ M であるから|dt| = rdθより


\left|\frac{df(z)}{dz}\right| =
\left|\frac{1}{2{\pi}i}\oint_{C_r}\frac{f(t)}{(t-z)^2}dt\right|
\le \frac{1}{2\pi}\int_{0}^{2\pi}\frac{\left|f(t)\right|}{r^2}\,r d\theta
\le \frac{1}{2\pi}\int_{0}^{2\pi}\frac{M}{r}d\theta = \frac{M}{r}

であるが、仮定により f(z) は全平面で正則であるから任意の z について r を限りなく大きくすること可能である。よって


\forall{z\in\mathbb{C}},\ \left|\frac{df(z)}{dz}\right|\le\lim_{r\to\infty}\frac{M}{r}=0

である。したがって f(z) は定数である。

適用例[編集]

以下の記事にリウヴィルの定理を適用する例がある。