リアル鬼ごっこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
リアル鬼ごっこ2から転送)
移動: 案内検索
リアル鬼ごっこ
著者 山田悠介
発行日 2001年12月15日
発行元 文芸社
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 上製本
ページ数 325
公式サイト 書籍詳細 : リアル鬼ごっこ - 文芸社
コード ISBN 978-4-8355-2579-2
Portal.svg ウィキポータル 文学 Portal.svg ウィキポータル 漫画
テンプレートを表示

リアル鬼ごっこ』(リアルおにごっこ)は、山田悠介ホラー小説。また、それを原作とした漫画映画テレビドラマゲーム作品。

概要[編集]

山田悠介のデビュー作。2001年文芸社から自費出版本として刊行され、発行部数100万部を超える話題作となった。2004年幻冬舎文庫の文庫版(改訂版)、幻冬舎コミックスの漫画版が刊行されている。

2008年には映画『リアル鬼ごっこ』、2010年にはその続編『リアル鬼ごっこ2』が上映された。

原作のあらすじ[編集]

西暦3000年。人口約1億人、医療技術や科学技術、そして機械技術までが恐ろしいほど発達し、他国と比べても全ての面でトップクラスを誇るとある王国で、「佐藤」姓はついに500万人を突破した。

建国以来目立った戦争が起きていなかったが、先代の王が逝去し、次の150代目の王が即位してから状況は一変する。先代が早くこの世を去ったため、現在の王様は21歳。自分勝手でわがまま、優柔不断で何一つ満足にできない。そのため、窃盗・強盗・放火・殺人まで起きるようになってしまい、国内は混乱と戦火に包まれてしまう。皇后が亡くなってからはますますエスカレートする一方だが、王様は何の危機感も持たず、今まで通りただただ優雅に暮らしていた。

そんなある日、王様は全国の「佐藤さん」を捕まえて処刑する「リアル鬼ごっこ」の計画を発表する。大学生の佐藤翼は新聞を読んでいる最中、「リアル鬼ごっこ」のニュースを知った。

果たして翼は、ゲーム終了まで生き残ることができるのか?

主な登場人物[編集]

佐藤翼(さとう つばさ)
本作の主人公。横浜の大学に通う大学生。陸上部所属。父・輝彦との2人暮らし。
「リアル鬼ごっこ」を戦い抜いた唯一の人物。閉会式で、自分の命と引き換えに王様を射殺した。
佐藤愛(さとう あい)
翼の妹。大阪で友人と住んでいた。母親のである益美の事故死をきっかけに、叔父夫婦(「鬼ごっこ」で鬼に捕まったという)に養子として引き取られたため、佐藤姓に戻り、王様が提案した「リアル鬼ごっこ」の捕獲ターゲットとなってしまった。元は明るい性格だったが、「鬼ごっこ」開始後は塞ぎ込んでいた。翼と再会するも、鬼に捕まってしまう。
漫画版では仁のレジスタンスチームに所属している。
佐藤輝彦(さとう てるひこ)
翼と愛の父親。酒を飲んでは暴力を振るっていたが、内心では子供達を思っていた。
「鬼ごっこ」第2日目終了後に心不全を起こし、死亡。
佐藤益美(さとう ますみ)
翼と愛の母親。旧姓・鈴木。夫の暴力に耐え切れず、愛を連れて家出するも、直後にトラックに轢かれて死亡。
佐藤洋(さとう ひろし)
大阪に住む、翼の中学時代の同級生。当時、翼とつるんでいたことから「ダブル佐藤」と呼ばれていた。翼と再開して共に戦うも、翼を助けるために鬼に捕まった。
漫画版では「鬼ごっこ」終了後に愛と交際する。
王様
本作の黒幕で第150代目の国王。姓は佐藤。通称「馬鹿王」。同じ姓を持つ人間がたくさんいることに不快を感じ、「リアル鬼ごっこ」の計画を発表する。閉会式で翼に射殺された。
漫画版では詩を嗜んでおり、「鬼ごっこ」開始前に朗読していた。
王様の弟(王子)
兄と対照的な人物で「鬼ごっこ」が起きたことを悔やんでいた。「鬼ごっこ」終了後に王に即位する。
漫画版では未登場。
じい
王様に絶対の忠誠を誓う、側近一の年長者。王様の命令に従い、「鬼ごっこ」に関する諸事を担当。閉会式で、翼を射殺するよう指揮した。
佐藤仁(さとう じん)
漫画版に登場する元・日本軍事スペシャリスト。チームの仲間に鬼の居場所や逃げ道などを伝えている。小説版には登場しない。

「リアル鬼ごっこ」のゲーム内容[編集]

  • 王国の中に住んでいる佐藤さん(501万3223人)は、王国の兵士扮するから逃げ切ればいい。
  • もし鬼に捕まった場合、宮殿内にある極秘収容所に連れて行かれ、眠るように殺されてしまう。
  • 期間12月18日から24日の1週間で、毎日23時からの1時間が「鬼ごっこ」の時間となる。「鬼ごっこ」開始の合図はサイレンで知らせ、無数のスピーカーを全国に設置する。終わりはベルで知らせる。
  • 「鬼ごっこ」が始まったら、基本的にどこへ逃げようが隠れようがかまわない。ただし、逃げるときは必ず自分の足で逃げなければその時点で失格、見つかり次第殺される。また、「鬼ごっこ」の時間帯は乗り物の運行を全てストップさせる。その間、乗り物に乗っている人が発見されたら、名字に関係なく直ちに処刑されてしまう。
  • その他の時間は何をしてもかまわない。
  • 王様曰く、全国に総勢100万人の鬼を配置するとのこと。単純計算で5人に1人が追いかけられることになるが、あくまでそれは初日だけであり、時間が経つにつれて追いかけられる危険性も高くなる。
  • そして、百万人の鬼一人ひとりに佐藤探知機ゴーグルをかけさせる。これは、登録してある佐藤姓500万人全てのデータが詰まっている(このデータは国が管理していて、全国民のデータがインプットされている。王国では子どもの出生と同時に病院から管理センターに報告されることになっている)。
  • 鬼は、1日に最低1人以上佐藤さんを捕まえなければ重罪が科せられてしまう。
  • (漫画1作目、映画版のみ)確保された「佐藤」はスタンガン(漫画1作目)もしくはワイヤーナイフ(映画1作目)で逃亡を阻止した上で専用のトラックもしくは護送車に収容される。無理に逃げようとすると、その場で殺される。映画版2作目以降は確保されるとスタンガンアーム(映画2作目)、殺人ウイルス入りのボルトガン(新3部作)によってその場で殺害される。
  • 車両を使って逃走したり武器を使って鬼へ抵抗したりした者はその場で確保され、テレビで見せしめ処刑の様子が放送される(映画1作目)。
  • 7日間逃げ切った者は、王様の手であらゆる願いが叶えられる。
漫画1作目での追加ルール
  • ゲーム期間中に改姓、海外渡航などの「鬼ごっこを終わらせる行為」を禁止する(原作では特に禁止されている様子はなかった)。
  • 「佐藤」姓の人間以外は、鬼ごっこの手助けをしてはならない。手助けした者も殺される。
  • 王様曰く、「鬼ごっこが成立しなくなるようなズルをする人は、こっちもズルしてどんどん捕まえる」とのこと。
  • 鬼の「パワーアップ」と称し、3日目と6日目に巨大兵器が投入される。

鬼の装備[編集]

  • 小説は全身迷彩服、王国のマークがプリントされた帽子、佐藤探知機ゴーグル、トランシーバー、拳銃。
  • 漫画は軍服、佐藤探知機ゴーグル(通称:SODNA)が装備されたマスク、スタンガン。また一部の鬼が重機に乗っている。
  • 映画1作目、連ドラ版は黒のレインコート、GPS、ワイヤーナイフ、笑った表情のマスク。
  • 映画2作目は革のコート、ガスマスク型の知覚発達装置、スタンガンアーム。
  • 映画3・4・5作目はB型の血液で作った薬品で確認するゴーグルと鎌、強力なウィルスが入っている六角形ボルトを打ち込むボルトガン。

既刊一覧[編集]

書籍

漫画

  • 『リアル鬼ごっこ』(杉山敏画、山田悠介他原作)バーズコミックス・リミックス版 ISBN 978-4-344-81197-3
  • 『リアル鬼ごっこ』(杉山敏画、山田悠介他原作)バーズコミックス・スペシャル版 ISBN 4-344-80383-3

改訂版の特徴[編集]

自費出版での文芸社版では、文法の間違い(主語と述語の対応がおかしい、重複表現があるなど)があったが、幻冬舎文庫版(改訂版)では、全面的に改訂が行われている。

漫画版の変更点[編集]

王様が「リアル鬼ごっこ」を提案した動機が異なり、ストーリー展開が大幅に変更された。

映画[編集]

リアル鬼ごっこ
The Chasing World
監督 柴田一成
脚本 柴田一成
製作 吉田浩二
川崎隆
製作総指揮 中沢敏明
柳舘毅
出演者 石田卓也
谷村美月
大東俊介
松本莉緒
吹越満
柄本明
音楽 岩代太郎
主題歌 KOTOKO
リアル鬼ごっこ
撮影 早坂伸
配給 ファントム・フィルム
公開 日本の旗 2008年2月2日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 1億円
次作 リアル鬼ごっこ2  
テンプレートを表示

ジェネオンエンタテインメント電通製作。製作費は1億円。 ファントム・フィルムの配給により2008年2月2日に公開された。

ストーリー(映画第1作)[編集]

全国で最も多い苗字である佐藤姓の人物が変死する事件がおきていた。そんな中、不良の佐藤翼は対立グループの佐藤洋に捕まったが、気が付いた彼は別の平行世界、パラレルワールドに飛ばされていた。近くの同級生も話を聞いてくれない、そのとき、洋が自分に向かって突進してくるが、洋も何かに追いかけられていた。捕まえて話を聞くが自分のことを知らないという。この国の国王が佐藤を捕まえて死刑にするリアル鬼ごっこを強要していた。残りは2日。翼は訳の分からないゲームに強制参加させられてしまう。

登場人物(映画第1作)[編集]

  • 佐藤翼:石田卓也
    主人公。ゲーム残り日数3日間の「リアル鬼ごっこ」を体験することになっている。
    パラレルワールドで、現実世界からやってきた益美とパラレルワールドの王様の間に生まれたが、このとき現実世界に益美は存在しておらず、連動の法則が崩れたため、佐藤翼は現実世界とパラレルワールド合わせても1人しか存在しない。その後母親の益美と共に現実世界へやってきた。
  • 佐藤愛:谷村美月
    主人公の妹。現実世界では生まれつき感情や言葉を失っており、入院生活をしている。
    パラレルワールドの分身と意思疎通する能力をもっている。
  • 佐藤洋:大東俊介
    主人公・佐藤翼の元親友。ヤクザの舎弟。
    パラレルワールドでは他人を思いやる優しい人物。
  • 渡辺かをり:松本莉緒
    パラレルワールドの世界で生きている女性キャスター。
  • 佐藤輝彦:吹越満
    主人公の育ての父親。アルコール中毒である。
  • 佐藤益美:渡辺奈緒子
    主人公の母親。パラレルワールドと元の世界を往来する能力を持っている。
    王様にその能力を悪用されるのを拒み、現実世界へ移動してきた。
    (渡辺奈緒子は次作にも別役で出演している)
  • 王様:柄本明
    『リアル鬼ごっこ』を開催しているパラレルワールドの支配者。
    益美の能力を悪用し、自分に反抗するものを「現実世界で殺害する」という方法で王の座についた。愛を剣で刺し殺そうとするが、現実世界の自分が転落死したことによって、心臓発作を起こし死亡する。
    現実世界では愛の主治医。愛にキスをしようとしたり、両手両足を拘束したりする。愛を屋上から落とそうとするが、駆けつけた翼によって転落し、死亡。  
  • 王様の側近:品川徹

スタッフ(映画第1作)[編集]

主題歌(映画第1作)[編集]

CM出演(映画第1作)[編集]

映画「リアル鬼ごっこ」DVD2008年8月22日発売)の販売告知用テレビCMは、柴田一成監督によって撮影された30秒間のショートドラマである。

現在、ショートドラマ版のCMは映画版「リアル鬼ごっこ」の公式サイトにて無料配信されている。 このショートドラマに出演しているエキストラは公開募集によって集められた「苗字が『佐藤』の人間たち」である。

関連商品(映画第1作)[編集]

鬼のマスク(生産中止)

リアル鬼ごっこ2[編集]

リアル鬼ごっこ2
監督 柴田一成
脚本 柴田一成
出演者 石田卓也
吉永淳
三浦翔平
蕨野友也
渡辺奈緒子
永島敏行
霧島れいか
音楽 佐東賢一
主題歌 High Speed Boyz『△』 
撮影 富田伸二
編集 正木良典
配給 ファントム・フィルム
公開 日本の旗 2010年6月5日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 リアル鬼ごっこ
次作 リアル鬼ごっこ3
テンプレートを表示

劇場版第二弾。前作の半年後を舞台とする。

2010年6月5日公開。公開初日・2日目の2日間で大量の観客動員数を記録し、映画観客動員ランキング(興行通信社)では初登場11位となった[1]

ストーリー(映画第2作)[編集]

殺人ゲームから半年後のパラレルワールドでは、またしても佐藤さんが追いかけられるリアル鬼ごっこが行われていた。佐藤翼と妹の愛、親友の洋は、鬼ごっこを提案した独裁者に対するレジスタンスとして活動していたが、ある日突然翼が鬼3匹を連れて現実世界にスリップしてしまった。

主要キャスト(映画第2作)[編集]

  • 佐藤翼:石田卓也
    主人公。現実世界とパラレルワールドを往来することができる唯一の人間。
    自ら囮になって鬼を引きつけていたが、そのまま3匹の鬼もろとも現実世界に戻ってくる。
    往来するためには妹の愛の能力が必要だったが、物語終盤に自分でパラレルワールドを往来する能力があることに気づく。
  • 佐藤愛:吉永淳
    主人公の妹。パラレルワールドにいる自分とコンタクトを取ることができる。
    兄である翼を現実世界とパラレルワールドで行き来させる能力があるが、その能力が不安定となっており、鬼と一緒に翼を現実世界へ戻してしまう。
    本作のパラレルワールドでは、レジスタンスのリーダーを務めている。
  • 佐藤洋:三浦翔平
    主人公・佐藤翼の友人。
    現実世界に戻ってきた翼からパラレルワールドの話を聞き、始めは「信じられない」と翼に反抗的な態度を取るが、鬼に狙われることによって翼と行動を共にする。
    パラレルワールドではレジスタンスのメンバー。
  • 佐藤明:蕨野友也
    『佐藤怪死事件』の捜査を担当している刑事。鬼もろとも爆死する。
    パワレルワールドではレジスタンスのメンバー。シェルターに入ろうとして鬼に囲まれ、殺害される。
  • 佐藤美沙:渡辺奈緒子
    看護師。翼が現実世界で鬼に狙われるという理由で強引にパラレルワールドの話をするが、始めは全く相手にしていなかった。
    後に洋と同様に現実世界に来た鬼に狙われることで翼を信用するようになる。鈴木にナイフで刺殺されたかに思われたが、洋が駆けつけると息を吹き返した。
    パラレルワールドではレジスタンスのメンバー。翼に現実世界でも自分を守るように約束をする。最後に鬼に追い詰められ、自爆したかに思われたが生還する。
    ※渡辺は前作にも別役で出演している
  • 鈴木新太郎/将軍:永島敏行
    佐藤明の上司。職業は警察官(警部)である。
    パラレルワールドでは将軍と呼ばれ、鬼達を脳波でコントロールしている独裁者。
    15年前、益美の暴走により現実世界の鈴木新太郎とパラレルワールドの将軍が入れ替わった。
    自分の苗字である鈴木の数が、日本で佐藤の次に多いというのが気に入らないという理由で、苗字が佐藤の人物を拉致監禁する。将軍が鈴木を誤射したことにより、死亡し、鬼も停止する。
  • 佐藤勝:内野謙太
  • 佐藤篤:草野イニ
  • 佐藤貴章:山崎将平
  • 高橋憲吾:滝藤賢一
  • 田中修二:中村育二
  • 佐藤益美:霧島れいか

スタッフ(映画第2作)[編集]

リアル鬼ごっこ3・4・5[編集]

2012年5月に新三部作として『リアル鬼ごっこ3』、『リアル鬼ごっこ4』、『リアル鬼ごっこ5』が、ユナイテッド・シネマにて3週連続で公開された。

前二作と異なる世界(西暦3000年の「新東京市」)を舞台とし、新たなリアル鬼ごっこを3つの視点で描く。今回追いかけられるのは佐藤姓ではなく、血液型B型の人間となっている。

なお『リアル鬼ごっこ4』には、前2作で主演を務めた石田卓也が1シーンのみ特別出演している。

3作品の登場人物

リアル鬼ごっこ3[編集]

リアル鬼ごっこ3
監督 安里麻里
脚本 安里麻里
瀧田哲郎
出演者 山崎賢人
岸田タツヤ
山谷花純
森田直幸
山本浩貴
遠藤雄弥
中原翔子
高川裕也
音楽 堤博明
主題歌 黒崎真音
『鳴り響く鼓動の中で、僕は静寂を聴く』
撮影 富田伸二
配給 ユナイテッド・シネマ
公開 日本の旗 2012年5月12日
上映時間 96分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 リアル鬼ごっこ2
次作 リアル鬼ごっこ4  
テンプレートを表示

5月12日に公開。DVDは公開前の2012年5月9日に、ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパンから発売された。

ストーリー(映画第3作)[編集]

ある日スグルの通う高校がリアル鬼ごっこの対象とされ、王様が国営放送でこれから3日間で鬼に捕まった血液型B型の者は抹殺すると宣告する。屋上でさぼっていたスグルと悪友のコダマはすぐには状況を把握できずにいたが、鬼にB型の生徒が次々に処刑されていく光景を目にしパニックになる。スグルもB型でターゲットの一人だったが、コダマはB型でないのにも関わらず、スグルを救おうとして犠牲になる。生き残ったのはスグル、スグルと敵対していた陸上部のオンジ、いじめられていた女子生徒のリノ。 リノが弟を救おうとするのに伴い、彼らはついに学校を脱出するが-。

主要キャスト(映画第3作)[編集]

スタッフ(映画第3作)[編集]

  • 原作:山田悠介
  • 監督:安里麻里
  • 脚本:安里麻里、瀧田哲郎
  • 撮影:富田伸二
  • 企画・プロデュース:柴田一成
  • プロデューサー:大野貴裕、鶴岡智之

リアル鬼ごっこ4[編集]

リアル鬼ごっこ4
監督 安里麻里
脚本 安里麻里
瀧田哲郎
出演者 荒井敦史
相楽樹
未来穂香
前田希美
亀田伶央奈
立花あんな
音楽 堤博明
主題歌 黒崎真音
『I'm still breathing...』
撮影 田辺司
配給 ユナイテッド・シネマ
公開 日本の旗 2012年5月19日
上映時間 75分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 リアル鬼ごっこ3
次作 リアル鬼ごっこ5  
テンプレートを表示

2012年5月19日に公開。DVDは2012年6月6日に発売された。

ストーリー(映画第4作)[編集]

マサハルはスグルと同じ高校の生徒だったが、リアル鬼ごっこが開始されるといち早く校外へ脱出した。しかし、鬼の追撃は校内以上に厳しく限界がない。近隣のエリアまで逃げ延びたマサハルは、他校の女子校の生徒、男勝りの気丈なツカサと、彼女を慕うユイの二人に出会う。気が強いツカサと他人を信じないマサハルは衝突するが、幾たびかともに危機を乗り越え、互いの境遇が似ていることを知ると二人に絆が生まれた。どちらかが鬼に捕まったら、そのときは殺してくれとマサハルとツカサは約束し合うが-。

主要キャスト(映画第4作)[編集]

スタッフ(映画第4作)[編集]

  • 原作:山田悠介
  • 監督:安里麻里
  • 脚本:安里麻里、瀧田哲郎
  • 企画・プロデュース:柴田一成

リアル鬼ごっこ5[編集]

リアル鬼ごっこ5
監督 安里麻里
脚本 安里麻里
瀧田哲郎
出演者 井上正大
仲間リサ
浅利陽介
河合龍之介
山本浩貴
音楽 堤博明
主題歌 黒崎真音
『Just believe』
撮影 田辺司
配給 ユナイテッド・シネマ
公開 日本の旗 2012年5月26日
上映時間 74分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 リアル鬼ごっこ4
次作   
テンプレートを表示

2012年5月26日に公開。DVDは2012年7月4日に発売された。

ストーリー(映画第5作)[編集]

草野大地は製薬会社に勤めるが、みんなから馬鹿にされるようなドジな社員。恋人がいるOLの月野希に密かにあこがれ、ただ見守っているだけでいいんだと同僚の浩太に語る草野。しかし草野のオフィスビルがリアル鬼ごっこのエリアになり、B型の希も狩りの対象になってしまう。草野はA型ながら希を守ろうと、自らリアル鬼ごっこに巻き込まれていく。

主要キャスト(映画第5作)[編集]

スタッフ(映画第5作)[編集]

テレビドラマ[編集]

リアル鬼ごっこ THE ORIGIN
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜日25:00 - 25:30(30分)
放送期間 2013年4月9日 - 6月25日
放送国 日本の旗 日本
制作局 首都圏トライアングル共同制作
(幹事局:テレビ埼玉
演出 副島宏司
原作 山田悠介
脚本 宮本武史
おかざきさとこ
プロデューサー 山口敏功
遠藤圭介(テレビ埼玉)
小森健一郎千葉テレビ放送
熊谷典和テレビ神奈川
出演者 本郷奏多
清水富美加
横浜流星
エンディング May'n
「Run Real Run」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

2013年4月9日から6月25日まで、首都圏トライアングル加盟局(テレビ埼玉テレビ神奈川千葉テレビ放送)で『リアル鬼ごっこ THE ORIGIN』のタイトルで連続ドラマ版が放送された。ほぼオリジナルストーリーであった劇場版と違い、こちらは原作小説をなぞったドラマ化となっている。

キャスト(テレビドラマ)[編集]

複数話登場の場合は括弧()内に表記

主要人物(テレビドラマ)[編集]

翼・愛の家族(テレビドラマ)[編集]

佐藤(テレビドラマ)[編集]

その他(テレビドラマ)[編集]

序章
第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第8話
第9話
  • 西野 郁美(佐藤輝彦宅の隣人) - 山野海(第11 - 12話)

スタッフ(テレビドラマ)[編集]

  • 原作 - 山田悠介『リアル鬼ごっこ』(幻冬舎文庫 / 文芸社刊)
  • 脚本 - 宮本武史、おかざきさとこ
  • 音楽 - 吉川清之
  • 監督 - 副島宏司
  • 撮影 - 早坂伸
  • 主題歌 - May'nRun Real Run」(Flying Dog
  • 脚本協力 - クィーンビー
  • 助監督 - 永江二朗
  • 特殊造形 - マイケル・ティー・ヤマグチ
  • 鬼衣装デザイン - 伊藤正美
  • 鬼衣装イラスト - 松田克磨
  • 鬼衣装スタイリスト - 森山久美、平本紗矢香
  • アクションコーディネーター - 江澤大樹
  • アクションスーパーバイザー - 出口正義
  • アクション - 石山直樹、雲雀大輔、南辻史人、尾崎由記子
  • 操演 - 小林正己、STRONG遠藤
  • ランニング指導 - 近藤裕彰(スポーツヒーローズスキル)
  • VFX - 酒井基宏
  • VFXスーパーバイザー - 曽利文彦
  • CGデザイン - 岩田研一
  • 企画プロデュース - 柴田一成
  • エグゼクティブプロデューサー - 山口敏功、遠藤圭介、小森健一郎、熊谷典和
  • プロデューサー - 大野貴裕、鶴岡智之
  • 共同プロデューサー - 大枝浩之、柳原祥広
  • ラインプロデューサー - 川島正規、上野境介
  • キャスティングプロデューサー - 北田由利子
  • 企画協力 - ツインピークス
  • 特別協力 - TAKAO
  • 制作 - セディックドゥ
  • 企画 - ジュネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
  • 製作 - ジュネオン・ユニバーサル・エンターテイメント、テレビ埼玉、千葉テレビ、テレビ神奈川
  • 著作 - 「リアル鬼ごっこ THE ORIGIN」製作委員会

放送日(テレビドラマ)[編集]

各話 放送日 脚本
第1話 2013年4月09日 宮本武史
第2話 2013年4月16日
第3話 2013年4月23日
第4話 2013年4月30日
第5話 2013年5月07日
第6話 2013年5月14日
第7話 2013年5月21日
第8話 2013年5月28日 おかざきさとこ
第9話 2013年6月04日
第10話 2013年6月11日
第11話 2013年6月18日
第12話(最終話) 2013年6月25日 宮本武史

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 放送期間 備考
埼玉県 テレビ埼玉(テレ玉) JAITS
首都圏トライアングル
共同制作局
毎週火曜日 25:00 - 25:30
(同時ネット)
2013年4月9日 - 6月25日 幹事局
千葉県 千葉テレビ放送(チバテレ)
神奈川県 テレビ神奈川(tvk)
日本全域 J:COMオンデマンド ネット配信 毎週木曜日 深夜0:00更新 2013年4月11日 - 6月27日
GyaO!
ビデオマーケット
ニコニコチャンネル
ひかりTV 毎週木曜日 16:00更新
U-NEXT 毎週金曜日 15:00更新 2013年4月12日 - 6月28日
楽天ShowTime 毎週金曜日 16:00更新
TSUTAYA TV 毎週月曜日 19:00更新 2013年4月15日 - 7月1日
宮城県 仙台放送(OX) フジテレビ系列 土曜 26:20 - 26:50 2013年6月8日 - 9月7日
兵庫県 サンテレビ(SUN) JAITS 土曜 25:05 - 25:35[2] 2013年7月6日 -
熊本県 熊本放送(RKK) TBS系列 月曜 25:33 - 26:03 2013年7月22日 -

前後番組[編集]

制作局である首都圏トライアングル加盟局での前後番組を記載。

首都圏トライアングル加盟局同時ネット 火曜25:00 - 25:30枠
前番組 番組名 次番組
業界用語の基礎知識 壇蜜女学園
(2013.1.8 - 2013.3.26)
5いっしょ3ちゃんねる[3]加盟局同時ネット
リアル鬼ごっこ THE ORIGIN
(2013.4.9 - 2013.6.25)
【tvk】犬とハサミは使いよう
【チバテレ】幻影ヲ駆ケル太陽
【テレ玉】業界用語の基礎知識 壇蜜女学園(再放送)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『告白』2日で2億超えでどっかーんとトップに降臨!『アリス』が首位から陥落【映画週末興行成績】シネマトゥディ 2010年6月8日
  2. ^ プロ野球中継の延長時、変更あり。
  3. ^ 首都圏トライアングル3局に、とちぎテレビ群馬テレビを加えたもの。当番組はとちぎテレビ・群馬テレビにはネットしない。

外部リンク[編集]