リアジェット45

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リアジェット45

リアジェット45(Learjet 45)はボンバルディア・エアロスペースリアジェット・ブランド)が製造しているビジネスジェット

概要[編集]

1992年9月20日に開発が発表された機体で、1995年10月7日に初飛行した。FARパート25基準に適合であり、型式証明取得は1997年9月。1998年1月より引渡しが開始された。主翼は低翼配置で、翼端はウイングレットを有する。エンジンは胴体後部左右にあり、T字尾翼となっている。2004年にはエンジン性能が向上したリアジェット45XRが発表された。生産数は260機以上。製造はボンバルディアのほか、ショート・ブラザーズでも分担され、一時はデ・ハビランド・カナダでも部品の分担生産が行われていた。

要目[編集]

  • 全長:17.68m
  • 全幅:14.57m
  • 全高:4.30m
  • 自重:6,212kg
  • エンジン:ハネウェル TFE731-20 ターボファンエンジン(推力1,590kg)2基
  • 乗員:2名
  • 乗客:最大9名
  • 最大速度:マッハ0.81
  • 最大巡航速度:857km/h
  • 航続距離:4,400km

参考文献[編集]

外部リンク[編集]