ラー・シャローム (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラー・シャローム
(ラ・シャロム)
2100 Ra-Shalom
仮符号・別名 1978 RA
分類 地球近傍小惑星
軌道の種類 アテン群
金星横断
発見
発見日 1978年9月10日
発見者 E. F. ヘリン
軌道要素と性質
元期:2007年4月10日 (JD 2,454,200.5)
軌道長半径 (a) 0.832 AU
近日点距離 (q) 0.469 AU
遠日点距離 (Q) 1.195 AU
離心率 (e) 0.4364
公転周期 (P) 0.76 年
(277.24 日)
軌道傾斜角 (i) 15.757°
近日点引数 (ω) 355.99°
昇交点黄経 (Ω) 170.88°
平均近点角 (M) 58.536°
物理的性質
直径 3.4 km
自転周期 19.7998 時間
スペクトル分類 C / Xc
絶対等級 (H) 16.05
アルベド(反射能) 0.06
色指数 (B-V) 0.712
色指数 (U-B) 0.310
■Project ■Template

ラー・シャローム(2100 Ra-Shalom、ラ・シャロムと表記されることも多い)は軌道長半径地球のものより短いアテン群小惑星である。パロマー山天文台のエレノア・ヘリンによって発見された。

名前はエジプトの太陽神ラーヘブライ語で「平和」を表すシャロームをつなげたもので、発見された1978年3月26日に結ばれたエジプトとイスラエルの間のキャンプ・デービッド合意を意識して命名されたものである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
エピック (小惑星)
小惑星
ラー・シャローム (小惑星)
次の小惑星:
アドニス (小惑星)