ラーマーナンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラーマーナンダRamananda, 1400年頃 - 1470年頃)はカーストを否定したインドの宗教改革者である。

生涯[編集]

15世紀ワーラーナシーで布教をしていた。当時盛んであったクリシュナ信仰に替わり、叙事詩ラーマーヤナ』のラーマ信仰を布教した。カーストを否定した最初のバラモンで、弟子に不可触賎民もいた。彼らはヴァイラーギン(離欲者)と呼ばれていた。伝説ではカビールが階段で横たわっていて、それをラーマーナンダが踏んでしまい、「ラーム、ラーム」(すみません)と言ったのを自分に対するマントラ(真言、呪文)であると思い、弟子になったという説が有る。

彼はヴィシスタードヴァイタ・ヴェダーンタ哲学(修正不二一元論)を打ち立てたラーマーヌジャの孫弟子である。カビールはシク教グル・ナーナクに影響を与えている。