ラードゥジヌイ (ウラジーミル州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯56度0分 東経40度20分 / 北緯56.000度 東経40.333度 / 56.000; 40.333

ラードゥジヌイ市章

ラードゥジヌイロシア語:Ра́дужныйラードゥジュヌィイ)はロシアヴラジーミル州にある都市で、軍用の研究所が置かれ閉鎖行政地域組織(閉鎖都市、ZATO)となっている。行政的にはヴラジーミル州により直接管轄されている。人口は17,506人(2002年国勢調査)。

州都ウラジーミルから南へ25km離れており、クリャージマ川にいくつかの支流(Pol, Buzha, Uzhbol)が流れ込む所にある。周囲は沼地や深い森林に囲まれている。

歴史[編集]

ラードゥジヌイの住宅地

1971年レーザーの軍事利用を研究する「ラードゥガ設計局」が、機密を考慮して深い森の中に研究所を作り、周囲に研究員とその家族のための団地や病院、学校などを建設した。ラードゥジヌイでは町の誕生日を1971年2月25日としている。1977年にはこの住宅地は都市型集落(町)の地位を与えられ、「ウラジーミル30」(ロシア語: Влади́мир-30)のコードネームで呼称される様になった。

1991年には市に昇格し、併せてラードゥガ設計局の名にちなんで「ラードゥジヌイ」という地名が与えられた(ラードゥガはロシア語で「」を意味する)。1993年以降、設計局はロシア連邦国立レーザー研究実験センター「ラードゥガ」へと組織換えされた。ソ連崩壊後の1990年代は街の財政は非常に低迷したが、1990年代末から政府の援助が増加し、新たな住宅開発や研究施設の増設なども続いている。

外部リンク[編集]