ラースロー2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
王冠を手にして去るラースロー2世

ラースロー2世II. László1131年 - 1163年1月14日)は、ハンガリー王及びクロアチア王。兄ゲーザ2世の死後に甥イシュトヴァーン3世が即位したにもかかわらず、ハンガリー貴族の大多数が男系年長者相続制を支持したことから即位した。しかし、カトリック教会はラースローの正当性を認めなかった。

最後は毒殺されたと言われる。対立王として長く王に列することはなかったが、13世紀にラースロー3世が彼を王とした。

先代:
イシュトヴァーン3世
ハンガリー王
1162年-1163年
次代:
イシュトヴァーン4世