ラーシュ=エリク・ラーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラーシュ=エリク・ラーション
Lars-Erik Larsson
Larsson1908.jpg
基本情報
出生 1908年5月15日
スウェーデンの旗 スウェーデン、オーカープ
学歴 ストックホルム音楽院
死没 1986年12月27日(満78歳没)
スウェーデンの旗 スウェーデン
マルメヒュース県 ヘルシンボリ
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家

ラーシュ=エリク・ラーション(Lars-Erik Larsson、1908年5月15日 - 1986年12月27日 ヘルシンボリ)は、スウェーデン作曲家

オーカープ出身。1925年1929年までストックホルム音楽院で学び、さらにウィーンおよびライプツィヒに留学し、アルバン・ベルクほかに師事。帰国後、スウェーデン放送局の指揮者を務め、1947年から1959年までストックホルム音楽院で、1961年から1966年までウプサラ大学で教職についた。

作曲家としては折衷的で、後期ロマン派から、アルノルト・シェーンベルク12音技法に由来する作曲技法まで幅広く手を染めたが、手法においては独特である。1932年にスウェーデンで最初に音列技法を用いたが、それ以外の時期の作品は、ポスト・シベリウスないしは新古典主義の音楽であり、ラーションの作品は凡そ作曲様式の多様性が特徴的である。

より伝統的な表現形式である交響曲協奏曲室内楽、声楽曲に加えて、劇付随音楽映画音楽、放送用の伴奏音楽も手懸けた。代表的な作品の一つは、カンタータ「擬装せる神」である。

作品[編集]

  • 交響曲第1番ニ長調 Op.2
  • 交響曲第2番 Op.17
  • 交響曲第3番ハ短調 Op.34
  • 弦楽のためのシンフォニエッタ Op.10
  • 弦楽のためのセレナード Op.12
  • 12のコンチェルティーノ Op.45(フルート・オーボエ・クラリネット・ファゴット・ホルン・トランペット・トロンボーン・ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ・コントラバス・ピアノのための)
  • 組曲「冬物語」 Op.18
  • 田園組曲 Op.19
  • 偽りの神 Op.24
  • 管弦楽変奏曲 Op.50

外部リンク[編集]