ラ・ボカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラ・ボカ
La Boca
アルゼンチンの旗
La Boca montage.jpg
トランスボルダドール橋(左上), ラ・ボンボネーラ(右上), リアチュエーロ川(左下), カミニート(右下)
La Boca emblem.png
地区(バリオ)章
位置
の位置図
行政
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
 特別区 ブエノスアイレス
 コムーナ C4
 地区(バリオ ラ・ボカ
地理
面積  
  地区(バリオ)域 3.3km2
人口
人口 (2001年現在)
  地区(バリオ)域 46,494人
その他
等時帯 ART (UTC-3
郵便番号

ラ・ボカ(La Boca)は、アルゼンチンの首都ブエノスアイレス特別区の南東部にある地区(バリオ)である。コムーナ4に属しており、2001年の国勢調査による人口は46,494人である。ブエノスアイレスには48の地区(バリオ)があるが、ラ・ボカ地区は古い港近くに位置している。西にはバラカス地区が、北にはサン・テルモ地区とプエルト・マデーロ地区がある。

歴史[編集]

ラ・ボカ地区の住民の多くはヨーロッパ系であり、多くがイタリア系だが、スペイン系英語版ドイツ系英語版フランス系英語版アラブ系バスク系住民もいる。初期の移民はイタリアジェノヴァ出身者が多く、ヨーロッパ風の要素を強く残している。実際に地区の名称はジェノヴァ語のBoccadasseと強い類音を持っており、ラ・ボカ地区の名称が実際にそれに因んで名づけられたと信じている住民もいる[誰?]。一般的には「リアチュエーロ川の河口部分にあるから」(スペイン語のBocaは「河口」という意味がある)と説明される。長期間のゼネラルストライキ後、1882年にラ・ボカはアルゼンチンから脱退し、反乱軍はジェノヴァの旗を掲げたが、直ちにフリオ・アルヘンティーノ・ロカ英語版元大統領自らによって分裂させられた。政治的な急進派の拠点でもあり、1935年のアルゼンチン議会選挙の際にはアルゼンチンで初めて社会主義の議員(アルフレード・パラシオス)を選出した。 2001年の財政危機の際は多くのデモの拠点となった。

文化[編集]

ラ・ボカ地区は、サッカークラブのボカ・ジュニアーズの本拠地として世界中のスポーツファンに知られている。ボカ・ジュニアーズのホームスタジアムであるエスタディオ・アルベルト・J・アルマンドは「ラ・ボンボネーラ」(チョコレート箱の意味)という愛称を持つ。

ラ・ボカ地区内には鮮やかな家と歩行者用の通りがある「カミニート」があり、カミニートはアルゼンチン国外からの観光客に人気がある。カミニートではタンゴアーティストがパフォーマンスを行ない、タンゴに関連した記念品が販売される。その他の観光スポットとしては、ラ・リベーラ劇場、多くの単語クラブ、イタリアン・バルなどがある。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]