ラ・ニーニャ・デ・ロス・ペイネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラ・ニーニャ・デ・ロス・ペイネス
アラメダ・デ・エルクレス広場にあるラ・ニーニャ・デ・ロス・ペイネスに捧げられた像}
アラメダ・デ・エルクレス広場にあるラ・ニーニャ・デ・ロス・ペイネスに捧げられた像
基本情報
出生名 パストーラ・マリーア・パボン・クルス
別名 フラメンコ界の至宝
カンテの女王
出生 1890年2月10日
出身地 スペインの旗 スペインアンダルシア州セビリア
死没 スペインの旗 スペイン1969年11月26日(満79歳没)・アンダルシア州セビリア
ジャンル フラメンコ
職業 歌手
レーベル Hamokord
Gramophone
Odeon
V.S.M.(H.M.V.)
Rega
Columbia
Polydor
公式サイト Museo virtual La Niña de los Peines
マノロ・カラコール
ペペ・マルチェナ
アントニオ・チャコン
ラモン・モントーヤ

ラ・ニーニャ・デ・ロス・ペイネスLa Niña de los Peines1890年2月10日 - 1969年11月26日)は、スペイン女性フラメンコ歌手
本名、パストーラ・マリーア・パボン・クルス(Pastora María Pavón Cruz )。

経歴[編集]

歌を生業とするジプシー(ロマ)の子として生まれ、父はビソ・デル・アルコール出身の「エル・パイティ」として知られるフランシスコ・パボン・クルス、母はアラアル出身のパストーラ・クルス。二人の兄弟トマス・パボンアルトゥーロ・パボンも共に歌手である。

8歳の時、長兄の代役として、セビリアの春祭りに出店していた小屋と契約して人前で初めて歌を唄った。1901年マドリードのカフェ・デル・ブリリャンテでデビューを果たし、そこでイグナシオ・スロアガと知り合い、ビルバオのカフェ・デ・ラス・コルムナスで唄うよう説得された。

その当時からよく唄っていた数曲のタンゴフラメンコがもとで、ラ・ニーニャ・デ・ロス・ペイネスという名で知られるようになった。しかし、レコード会社からの再三の依頼にもかかわらずレコード録音を決してすることがなかった。

「髪梳いてごらん、あたしの櫛で。あたしの櫛は砂糖でできているの、私の櫛で髪を梳かす者は、指までしゃぶる。髪梳いてごらん、あたしの櫛で。あたしの櫛は肉桂なの、これで髪梳く娘はみんな、肉桂の香りに染まるのよ……」

1922年6月、偉大なアントニオ・チャコンが会長を務めたカンテ・ホンド・グラナダコンクールに審査員の一人として参加した。

マヌエル・デ・ファリャ油絵に彼女を描いたフリオ・ロメロ・デ・トーレス、そしてラ・アルヘンティニータの家で知り合ったフェデリコ・ガルシア・ロルカらは彼女と親交があった。ロルカは彼の作品の中で、「彼女は、影のような、溶かしたスズのような、苔のような声を楽しんでいた。」と、彼女を詩に描いた。

当時最も活躍していた、歌手のマノロ・カラコールペペ・マルチェナアントニオ・チャコンギタリストラモン・モントーヤメルチョル・デ・マルチェナら大勢のフラメンコアーティストと共にスペイン中の舞台を廻った。

学歴は一切なかったが生まれながらに豊かな知性を備えていた彼女は、1934年、聴衆の好みの移り変わりを読み取った。
「聴衆のことを嘆いても仕方がないが、歌が悪い方向に向かっているのが分かる。皆な悪い歌にしか興味がない。」

市民戦争で中断せざるを得なかったが、その後、コンチャ・ピケルの「ラス・カジェス・デ・カディス」、或いはセビリアで始まり大成功を収めた「スペインとフラメンコ歌手」などの様々なショーで活動を続けていった。

1961年アントニオ・マイレナフアン・タレガらが参加したコルドバの全国的な祝典で讃えられた。

1968年アラメダ・デ・エルクレス広場(セビリア)に、彫刻家アントニオ・イリャネスによる、彼女を讃える記念碑が建てられた。その後、彼女の母と縁のあったアラアル市からも感謝を込めて記念碑が建てられた。

同じく歌手だったペペ・ピントが亡くなってまもなく、1969年11月26日永眠。その三年前ほど前からいたく老衰が進行し、つききりで看病した夫のペペが一ヶ月ほど早く他界したことも、わからずじまいであったと云う。彼女の葬儀には、セビリアの街並が花束を持つ人々で埋まったと報じられた[1]

芸術的遺産[編集]

フラメンコすべてに精通した完璧なフラメンコ歌手であったが、特にシギリージャタンゴペテネーラブレリーア及びソレアで傑出した存在で、更に、バンベーラなどの新しいスタイルも生み出した。彼女が唄っていた様々なソレアのレパートリーの中でも、若い頃に知り合ったメルセー・ラ・セルネタの曲が素晴らしい。

アンダルシア評議会は、彼女の歌声を文化財産に指定した。1910年から1950年には258曲をレコーディングし、これらは2004年、13枚のCDで発表された。この復刻作業は、アンダルシア評議会文化審議会の附属機関である、ヘレス・デ・ラ・フロンテーラに拠点を置くアンダルシアフラメンコセンターの尽力により可能となった。この作品には8ヶ月間に30人が関わり、その中には12人の研究者も参加していた。この録音はまさに音楽の宝であり、ギタリストラモン・モントーヤニーニョ・リカルドマノロ・デ・バダホスアントニオ・モレーノルイス・モリーナクリート・デ・ラ・ヘローマメルチョル・デ・マルチェナ伴奏に加わった。

歌詞[編集]

例として、ラ・ニーニャ・デ・ロス・ペイネスが唄った歌詞を数曲示す。

Petenera Taranta Soleares Sevillana
Quisiera yo renegar

de este mundo por entero,

volver de nuevo a habitar

¡mare de mi corazón!

volver de nuevo a habitar,

por ver si en un mundo nuevo

encontraba más verdad.

(私は、世の中にそむきたい、

もう一度我が心のマーレに住みたい。

ゆるぎない新しい世界に

出会うかもしれないから。)

Yo vi a mi mare morir

y no me quiero acordar

fue tanto lo que sufrí

que, en vez de echarme a llorar

mi llanto rompió en reír

(私のマーレが死ぬのを見たが、

思い出したくない。

嘆き悲しむ代わりに私の叫びが

突然笑いだすほど苦しかった。)


Hasta la fe del bautismo

la empeñé por tu querer

por tu querer la empeñaba

ahora te vas y me dejas

que te castigue Undebé[nota 1]

(洗礼の信仰まで、君の

愛のため捧げた。

君の愛のため信仰を捧げた。

私を残し、君は今去っていき、

Undebéが君に罰するように。[nota 2]


Que tu palmito -mi arma-

que tu palmito

Que tu palmito

va diciendo tu "mare"

-ole-

que tu palmito

hace tiempo lo guarda

-mi vida-

-pa’ un señorito.-

(君のpalmito、

君のpalmito

君の「マーレ」と言いながら、

オレー

君のpalmito、

前からそれを守っていた、私の人生、

セニョリートに)


Nota
    • ^ El término Undebé de origen caló puede traducirse por Dios.
    • ^ Caló語起源の単語Undebéは「神」と訳してもよい。

    参考文献[編集]

    マヌエル・ボオルケス:パボン家のラ・ニーニャ・デ・ロス・ペイネス。アンダルシア:アンダルシア出版記号、2000. ISBN 84-95122-32-4.

    脚注[編集]

    1. ^ アルバム『激情のカンテ・フラメンコ ニーニャ・デ・ロス・ペイネス』(1995年6月28日発売)CD:品番TOCP-8585より。文章:濱田滋郎

    外部リンク[編集]