ラ・サール会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラ・サール会(ラ・サールかい)は、フランス司祭教育者であるジャン=バティスト・ド・ラ・サール1684年に創設したカトリック教会修道会で、本部はローマにある。フランス語での正式名称は les Frère des Écoles Chrétiennesフランス語発音: [le frɛːr de zekɔl kretiɛn] レフレールデゼコルクレティエヌ)で、この場合の日本語は「キリスト教学校修士会」。

世界約80カ国で約1000校の学校を経営し、教育のための修道会の中では最大規模となっている。修道士(フレール、ブラザー)の数は約6000名。

日本[編集]

日本では宮城県仙台市宮城野区にある「仙台修道院」(地図)を日本地区本部とし、隣接地にラ・サール・ホーム地図)、北海道函館市に函館ラ・サール学園(地図)、鹿児島県鹿児島市にラ・サール学園(地図)を経営している。 かつてはラ・サール・ハウスと呼ばれる学生寮東京都上原日野にあったが、閉鎖された。

年表[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「ラ・サール会」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。