ラヴラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラヴラギリシア語: Λαύρα, ロシア語ウクライナ語セルビア語: Ла́вра, 英語: Lavra)は、正教会、およびそれ以外の東方教会の一部に存在する修道の形態の一つ、またその修道を行う者達の共同体[1]

この原義から転じて、ロシア正教会ウクライナ正教会における大きな規模・高い格式を示す称号として修道院名に付される用法や、アトス山におけるメギスティス・ラヴラ修道院ギリシア語: Μονή Μεγίστης Λαύρας)のように固有名詞の一部となる用法がある[1]

修道形態[編集]

修道形態としては、個人で砂漠や森に入って行う隠遁修道と、修道院で共同作業を行いつつ集団で生活する集団修道の間に位置づけられる。ラヴラでは修道院長は存在するが、普段は個々人で生活しつつ、主日などの教会の祭日には聖体礼儀のために聖堂に集まるという形態がとられる[1]

聖大エウシミオス(聖大エウフィミイ、473年没)がラヴラをパレスティナに5世紀に創建したのがラヴラ制のはじまりとされる[1]

ラヴラの名・格式を持つ修道院一覧[編集]

年代は創建年。[2]

正教会[編集]

東方典礼カトリック教会[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d "The Blackwell Dictionary of Eastern Christianity" Wiley-Blackwell; New edition (2001/12/5), p294, ISBN 9780631232032
  2. ^ 教会組織名は五十音順、修道院の並びは年代順。

参考文献[編集]

  • "The Blackwell Dictionary of Eastern Christianity" Wiley-Blackwell; New edition (2001/12/5), p294, ISBN 9780631232032

外部リンク[編集]