ランドーアソシエイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
創業者ウォルター・ランドー(1970年代)

ランドーアソシエイツ (Landor Associates) は、アメリカ合衆国サンフランシスコを発祥とする、製品・企業ブランディング(企業のCIネーミングパッケージデザインなど)を手がける企業。世界最大級の広告/コミュニケーションサービスグループWPPのメンバーでもある。

1941年、ウォルター・ランドーによって設立された。企業のブランドネーム、シンボルマーク、ロゴのデザインや商品名などをトータルで提案する。世界最大級の規模と実力を持つ、ブランディング/デザイン会社の老舗である。

グローバルオフィス[編集]

本拠地であるサンフランシスコ以外にも、東京ニューヨークロンドンパリミラノメキシコシティムンバイ香港シンシナティシアトルハンブルクマドリードシドニーなど、世界21都市にオフィスを展開し、多国籍な800名の専門スタッフを擁している。ランドーによるクリエイティブデザインは、クオリティの確保とクライアントの知的財産権の保全のため、自社内デザイナーによる開発とデザイナーの個人名を公開しない匿名性を原則としていることでも知られている。東京オフィスは1972年に開設され、日本にありながらグローバルなブランドコンサルティングサービスを受けられるという競合他社とは異なる戦略によって、200社を超える日本企業にコンサルティングサービスを提供している。

フェリーボート・クラマス号[編集]

クラマス号

ランドーのシンボルマークは船をモチーフにしている。これはランドーの本社兼スタジオが、1964年から20年間にわたって、サンフランシスコ湾の第5埠頭に係留された木製のフェリーボート「クラマス号 ferryboat Klamath」に置かれていたことに由来している。

ウォルター・ランドー・コレクション[編集]

ウォルター・ランドーによるデザインと歴史的資料(1930-1994)は、1994年にスミソニアン協会・米国歴史博物館(National Museum of American History)にウォルター・ランドー・コレクションとして収蔵されている。

ランドーが手がけた主な企業・イベントなど[編集]

海外[編集]

金融[編集]

情報・インフラ[編集]

運輸・観光業[編集]

アリタリア-イタリア航空
フェデックス

メーカー[編集]

その他[編集]

BP

イベント[編集]

日本[編集]

郵政[編集]

金融[編集]

情報・インフラ[編集]

運輸・観光業[編集]

アルピコグループ
バニラエア

メーカー[編集]

小売業[編集]

イベント・商業施設[編集]

ランドーがブランディングを手がけた主な商品・サービス[編集]

ランドーが手がけた主な出版物[編集]

  • 『Brand Digital』(Allen P. Adamson著、Palgrave Macmillan)
  • 『Brand Simple』(Allen P. Adamson著、Palgrave Macmillan)
  • 『ブランディングデザインの裏側』(ピエブックス)

脚注[編集]

  1. ^ ランドー東京|バニラエア(2014年4月9日閲覧)
  2. ^ ランドー東京|新日鐵住金

外部リンク =[編集]