ランドル・トンプソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランドル・トンプソン

ランドル・トンプソン(Randall Thompson、1899年4月21日 - 1984年7月9日)は、アメリカ合衆国作曲家

ニューヨーク市出身。ハーバード大学を卒業し、ウェルズリー大学で音楽の助教授合唱指揮者になり、ロチェスター大学から音楽の博士号を受け取った。その後カーティス音楽学校とハーバード大学で教えた。特に合唱作品で有名である。

作品には3つの交響曲と、「The Testament of Freedom」やエドワード・ヒックスの絵に刺激された「The Peaceable Kingdom」など多くの合唱作品がある。もっとも有名な合唱作品はタングルウッドバークシャー音楽センターの開館のためにセルゲイ・クーセヴィツキーから委嘱された「Alleluia」である。またオペラ「ソロモンとベルキス」も作曲している。

レナード・バーンスタインはハーバード大学での生徒の1人であった。

作品[編集]

合唱[編集]

  • The Peaceable Kingdom(1936)
  • Alleluia(1940)
  • The Testament of Freedom(1943)
  • The Last Words of David(1949)
  • Frostiana - Seven Country Songs(1959)
  • Place of the Blest(1968)
  • The Twelve Canticles(1983)

オペラ[編集]

  • ソロモンとベルキス

交響曲[編集]

  • 交響曲第1番
  • 交響曲第2番(1931)
  • 交響曲第3番

弦楽四重奏曲[編集]

  • 弦楽四重奏曲第1番ニ短調
  • 弦楽四重奏曲第2番ト長調(1967)

文献[編集]

  • Caroline Cepin Benser en David Francis Urrows: Randall Thompson: A Bio-Bibliography, Greenwood Press, 1991. 248 p., ISBN 0313255210
  • David Ewen: The World of Twentieth Century Music, Prentice-Hall, 1970.