ランドマーク (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランドマーク
ASIAN KUNG-FU GENERATIONスタジオ・アルバム
リリース 2012年9月12日
ジャンル ロック
時間 46分11秒
レーベル Ki/oon Music
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 2012年度年間81位(オリコン)
ゴールド等認定
ASIAN KUNG-FU GENERATION 年表
BEST HIT AKG
2012年
ランドマーク
(2012年)
ザ・レコーディング at NHK CR-509 Studio
2013年
テンプレートを表示

ランドマーク』(Landmark)は、日本ロックバンドASIAN KUNG-FU GENERATIONの7thフルアルバム。2012年9月12日Ki/oon Musicから発売。

概要[編集]

オリジナルアルバムとしては前作『マジックディスク』以来2年3ヶ月ぶりのアルバムである。前作のベストアルバム『BEST HIT AKG』以降に発売されたシングル曲2曲が収録されている。その為、『BEST HIT AKG』に収録された「マーチングバンド」は本作には収録されていないが、同曲のカップリング曲である「N2」が今作に収録されている。ジャケットの絵の中には、収録曲を象徴する絵がところどころに描かれている。

アルバムタイトルである「ランドマーク」には、「自分たちのこの2011年、2012年の目印になるような作品」といった意味や、すべての録音が行われたランドマークスタジオの名前などが主な由来となっている[1][2]。後藤は今作について「東日本大震災原発事故のまっただなかで、悩み、考え、苦しんで作った。」、「(アルバム発売までの)この2年の感情・状況を刻みつけた石碑のような作品になった」と語っている[3]

本作は完全生産限定盤、初回生産限定盤、通常盤の3形態での発売となった。完全生産限定盤は、CDとレコードがセットになったものに、レコーディング風景の写真などを収めたブックレットが付いている。なお、CDとレコードとでマスタリングが異なる。

初回生産限定盤は2012年2月23日日本武道館公演と、2011年7月4日のNANO-MUGEN CIRCUIT公演から数曲を収録したDVDがついている。またCDはピクチャーレーベル仕様、スリーブ仕様となっている。

また、アジカンの作品史上初めて、メンバー全員がそれぞれ作曲を手がけた楽曲が収録されている。

収録曲[編集]

  • 全作詞:後藤正文 編曲:ASIAN KUNG-FU GENERATION
  1. All right part2 (3:34)
    (作曲:喜多建介・後藤正文)
    • コンピレーションアルバム『ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION 2011』収録曲
    • チャットモンチーの橋本絵莉子がコーラスで参加。
    • 表記はないがアルバムバージョンとなっている。
  2. N2 (3:06)
    (作曲:後藤正文)
    • 16thシングル『マーチングバンド』カップリング曲
  3. 1.2.3.4.5.6. Baby (3:25)
    (作曲:喜多建介・後藤正文)
  4. AとZ (4:39)
    (作曲:伊地知潔・後藤正文)
  5. 大洋航路 (3:17)
    (作曲:後藤正文)
  6. バイシクルレース (4:17)
    (作曲:後藤正文)
    • 本作のリードトラック。PVが制作されている。
  7. それでは、また明日 (3:42)
    (作曲:山田貴洋・後藤正文)
    • 18thシングル曲。
  8. 1980 (3:37)
    (作曲:山田貴洋・後藤正文)
    • 後藤曰く「投票について歌った曲」とのこと[4]
  9. マシンガンと形容詞 (3:55)
    (作曲:後藤正文)
    アルバムの詳細が発表される前から、タイトルと一部歌詞が後藤の日記に公開されていた[5]
  10. レールロード (3:08)
    (作曲:喜多健介・後藤正文)
  11. 踵で愛を打ち鳴らせ (4:25)
    (作曲:喜多健介・後藤正文)
    • 17thシングル曲
  12. アネモネの咲く春に (5:01)
    (作曲:後藤正文)

DVD(初回生産限定盤のみ)[編集]

  • 8曲目のみ2011年7月4日のNANO-MUGEN CIRCUITでの映像であり、その他は2012年2月23日の日本武道館公演からの映像になっている。
  1. アフターダーク
  2. ソラニン
  3. マーチングバンド
  4. リライト
  5. ループ&ループ
  6. 君という花
  7. 踵で愛を打ち鳴らせ
  8. All right part2

脚注[編集]

  1. ^ ASIAN KUNG-FU GENERATION|Skream! インタビュー 2012年9月4日付
  2. ^ 今日のゲストはもちろん、ASIAN KUNG-FU GENERATION!! 2012年9月14日付 「Tre-sen」公式ブログより
  3. ^ 2012年9月24日付 朝日新聞夕刊
  4. ^ 投票日 2012年12月16日付 「Vo.ゴッチの日記」
  5. ^ マシンガンと形容詞 2012年4月8日付 「Vo.ゴッチの日記」