ランディ・ウルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランディ・ウルフ
Randy Wolf
ロサンゼルス・エンゼルス (マイナー)
Randywolfbrewers.tif
ブルワーズ時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス
生年月日 1976年8月22日(38歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 ドラフト2巡目でフィラデルフィア・フィリーズから指名
初出場 1999年6月11日 トロント・ブルージェイズ
年俸 $9,500,000(2012年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ランドール・クリストファー・ウルフRandall Christopher Wolf, 1976年8月22日 - )はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイム傘下に所属。

兄のジム・ウルフはメジャーリーグの試合の審判員をしているが、公正を期すためウルフの投げる試合のジャッジは禁止されている[2]

経歴[編集]

アマチュア時代[編集]

高校時代にノーヒットノーラン完全試合を達成している[3]

1994年ロサンゼルス・ドジャースからドラフト25巡目で指名されたが、評価が低く落胆し、ペパーダイン大学へ進学[3]。大学時代は3年間で27勝8敗を記録した。

プロ入りとフィリーズ時代[編集]

1997年にドラフト2巡目でフィラデルフィア・フィリーズに指名され、契約金35万6,000ドルでプロ入り。同年A級バタヴィア・マックドッグスで7試合に登板し、4勝0敗、防御率1.58を記録した。

1998年はAA級レディング・フィリーズで開幕を迎え、前年からの連勝を6に伸ばし、5月にAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レッドバロンズへ昇格。しかし、大リーグ経験のある右打者に痛打され、9勝7敗、防御率4.62に終わった。右打者に内角を突く投球に変え、カーブカット・ファスト・ボールの2つの球種をマスターした[3]

1999年は球団が「今季はじっくりファームで育てる」方針を取り[3]、AAA級で開幕を迎え4勝5敗、防御率3.61を記録した。しかし、カールトン・ローワーの故障に伴い[3]6月9日にメジャー昇格を果たし、6月11日にメジャーデビューを果たした。

2000年は投球回数は200を上回り、チーム最多の11勝を記録し、この年以後、4年連続で2桁勝利を記録した。4月7日のシーズン最初の登板はエンロン・フィールドの公式戦最初の試合で、勝ち投手となった[4]

2002年9月26日には被安打1でメジャー初完封を記録し、シーズン終了後には日米野球MLB選抜として来日した。

2003年はオールスターに初めて出場し、リーグ5位自己最多の16勝を記録。

2004年から故障がちになった。

2005年に左ひじのトミー・ジョン手術をした。

2006年6月30日にメジャー復帰を果たした。投球内容は悪かったが、打線の援護に恵まれ、無敗でシーズンを終えた[5]。シーズン終了後の11月1日FAとなった。

ドジャース時代[編集]

2006年11月28日ロサンゼルス・ドジャースと1年800万ドルで契約した[4]。 

2007年は、ブラッド・ペニーデレク・ロウジェイソン・シュミットの先発3本柱に続く存在として期待され[5]、前半戦だけで9勝を挙げたものの、左肩痛に悩まされ、7月3日からは1度も登板できずにシーズンを終えた。オフの11月1日に来期のオプション契約を破棄されFAとなった。

パドレス時代[編集]

2007年12月1日に、1年475万ドル+出来高425万ドルでサンディエゴ・パドレスと契約。

アストロズ時代[編集]

2008年7月11日チャド・ライネックとのトレードヒューストン・アストロズへ移籍した。オフの10月31日にFAとなった。

古巣復帰[編集]

2009年2月6日、ドジャースと500万ドル+出来高300万ドルの1年契約を結んだ[6]。オフの11月5日にFAとなった。

ブルワーズ時代[編集]

2009年12月9日ミルウォーキー・ブルワーズと総額2975万ドルの3年契約を結んだ。2010年2011年と2年連続で13勝を挙げた。

オリオールズ時代[編集]

2012年8月31日ボルチモア・オリオールズと契約。シーズン終了後の10月29日にFAとなった。10月30日に自身2度目となるトミー・ジョン手術をする事を発表した。

2013年[編集]

2013年は前年の手術の影響でシーズンを全休した。

ダイヤモンドバックス傘下時代[編集]

2014年2月11日シアトル・マリナーズとマイナー契約を結び[7]、2月13日に球団が発表した[8]。その後3月25日に放出された。4月11日アリゾナ・ダイヤモンドバックスとマイナー契約を結んだ[9]5月14日に放出された。

マーリンズ時代[編集]

2014年5月14日にマイアミ・マーリンズと契約した[10]。マーリンズでは6試合に登板し、1勝3敗、防御率5.26だった。6月18日に放出された。

古巣オリオールズでの傘下時代[編集]

2014年6月22日に古巣・オリオールズとマイナー契約を結んだ。7月13日に、契約を破棄した。[11]

エンゼルス傘下時代[編集]

2014年7月26日にロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムとマイナー契約を結んだ[12]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1999 PHI 22 21 0 0 0 6 9 0 0 .400 552 121.2 126 20 67 0 5 116 4 0 78 75 5.55 1.59
2000 32 32 1 0 0 11 9 0 0 .550 889 206.1 210 25 83 2 8 160 1 0 107 100 4.36 1.42
2001 28 25 4 2 0 10 11 0 0 .476 684 163.0 150 15 51 4 10 152 1 0 74 67 3.70 1.23
2002 31 31 3 2 1 11 9 0 0 .550 855 210.2 172 23 63 5 7 172 4 0 77 75 3.20 1.12
2003 33 33 2 2 0 16 10 0 0 .615 850 200.0 176 27 78 4 6 177 6 0 101 94 4.23 1.27
2004 23 23 1 1 0 5 8 0 0 .385 585 136.2 145 20 36 4 5 89 2 0 73 65 4.28 1.32
2005 13 13 0 0 0 6 4 0 0 .600 346 80.0 87 14 26 2 6 61 1 0 40 39 4.39 1.41
2006 12 12 0 0 0 4 0 0 0 1.000 261 56.2 63 13 33 2 2 44 2 0 37 35 5.56 1.69
2007 LAD 18 18 0 0 0 9 6 0 0 .600 458 102.2 110 10 39 2 6 94 4 0 55 54 4.73 1.45
2008 SD 21 21 0 0 0 6 10 0 0 .375 522 119.2 123 14 47 0 8 105 2 0 69 63 4.74 1.42
HOU 12 12 1 1 0 6 2 0 0 .750 301 70.2 68 7 24 4 4 57 1 0 31 28 3.57 1.30
'08計 33 33 1 1 0 12 12 0 0 .500 823 190.1 191 21 71 4 12 162 3 0 100 91 4.30 1.38
2009 LAD 34 34 0 0 0 11 7 0 0 .611 862 214.1 178 24 58 1 6 160 4 0 81 77 3.23 1.10
2010 MIL 34 34 1 1 0 13 12 0 0 .520 936 215.2 213 29 87 6 9 142 2 0 107 100 4.17 1.39
2011 33 33 0 0 0 13 10 0 0 .565 903 212.1 214 23 66 1 13 134 4 1 95 87 3.69 1.32
2012 25 24 0 0 0 3 10 0 0 .231 633 142.1 179 21 45 1 6 96 2 2 94 90 5.69 1.57
BAL 5 2 0 0 0 2 0 0 0 1.000 66 15.1 17 2 7 0 1 8 0 0 9 9 5.28 1.57
'12計 30 26 0 0 0 5 10 0 0 .333 699 157.2 196 23 52 1 7 104 2 2 103 99 5.65 1.57
通算:14年 376 368 13 9 1 132 117 0 0 .530 9703 2268.0 2231 287 810 38 102 1767 40 3 1128 1058 4.20 1.34
  • 2012年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ Randy Wolf Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2012年12月14日閲覧。
  2. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』 廣済堂出版、2008年、429項。ISBN 978-4-331-51300-2
  3. ^ a b c d e 福島良一「後半戦を熱くする注目新人投手 ランディ・ウルフ[フィリーズ]」『月刊メジャー・リーグ』1999年9月号、ベースボールマガジン社、1999年、雑誌 08625-9、43項。
  4. ^ a b The Ballplayers - Randy Wolf Chronology” (英語). BaseballLibrary.com. 2008年7月15日閲覧。
  5. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2007』 廣済堂出版、2007年、134項。ISBN 978-4-331-51213-5
  6. ^ Gurnick, Ken (2009年2月6日). “Dodgers sign Wolf to one-year deal Return of left-hander will help bolster young rotation for LA” (英語). MLB.com. 2009年2月8日閲覧。
  7. ^ Seattle adding pitchers to mix on eve of report date” (英語). MLB.com (2014年2月11日). 2014年2月12日閲覧。
  8. ^ Mariners sign veteran left-handed pitcher Randy Wolf to Minor League deal”. MLB.com Mariners Press Release (2014年2月13日). 2014年2月14日閲覧。
  9. ^ Spencer Fordin (2014年4月11日). “Source: Wolf signs Minors deal with D-backs”. MLB.com. 2014年4月12日閲覧。
  10. ^ Joe Frisaro (2014年5月14日). “Marlins bolster rotation with veteran southpaw Wolf”. MLB.com. 2014年5月15日閲覧。
  11. ^ Randy Wolf opts out of his minor league contract with the Orioles
  12. ^ Matthew DeFranks (2014年7月26日). “Hamilton given day off to rest achy knee”. MLB.com. 2014年7月27日閲覧。

外部リンク[編集]