ランディングハイジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランディングハイジャパン
ジャンル フライトシミュレーションゲーム
対応機種 アーケード
開発元 タイトー
発売元 タイトー
人数 1人プレイ専用
発売日 1999年
システム基板 Type-Zero
テンプレートを表示

ランディングハイジャパン』(Landing High Japan)はタイトーから1999年にリリースされたフライトシミュレーションアーケードゲームである。プレイヤーは全日本空輸(ANA)旅客機の機長として、離着陸を中心とした操縦および諸般の業務を体験することができる。

画面の大きさの違いにより2タイプ(29インチタイプと50インチタイプ)の筐体が存在する。後に基板のバージョンアップによりイージーバージョンがリリースされた。

概要[編集]

タイトーの『ミッドナイトランディング』『トップランディング』『ランディングギア』に続く「ランディングシリーズ」の第4弾。旅客機のフライトシミュレーションゲームとして先行したセガの『エアラインパイロッツ』と同じく旅客機のコクピットを模した筐体となっており、操縦桿の他に計器表示用小型LCD・ラダーペダル・各種スイッチ・レバーなどが備わっている。Type-Zeroを初採用し、前作に比べグラフィックがリアリティのあるものになり、ボイススイッチなど新要素も追加されている。シリーズとしては実質的に最終作となり、翌2000年に『電車でGo!』の要素を取り入れた『ジェットでGO!』がリリースしている。

プレイヤーはプレイ開始時に操縦モード(マニュアル・オートマチック)および操縦する全日本空輸(ANA)の旅客機を選択する。第1ステージで機体を操縦し空港からの離陸に成功すると、国内線到着地空港への着陸態勢のステージ(全6ステージ)となり、機体の降下など着陸に向けて操縦する。

各ステージ終了後に得点が表示され、離陸・着陸共に(計算方法は違う)一回の満点は100点で最低点が0点、全7ステージの最高得点は700点となる。

これまでのランディングシリーズでは着陸に成功すればステージクリアとなるが、今作では着陸に成功して採点が70点を上回れば次ステージへ進め、それを下回ったおよび着陸に失敗した場合はゲームオーバーになる。

空港着陸時にANA機が地上滑走しているが、それ以外の他社便は存在しない。

2011年現在、航空科学博物館成田国際空港福島空港といった空港内のゲームセンターなどに設置されている。

選択できる機体[編集]

ゲームリリース時点にANAで就航されていた機体である。

登場する空港[編集]

電車でGO!』の一部シリーズのようにステージの冒頭で行先掲示板に運行路線が提示され、その到着地の着陸態勢の画面からプレイ開始となる。ステージ(到着地)毎に天候などが異なり、次ステージに進む毎に操縦の難易度が上がっていく。

操作方法[編集]

コックピットディスプレイ表示切り替えボタン、HELPボタン、スピークボタン、操縦桿ラダーペダル、フラップUP&DOWNボタン、スラストレバーの8つの装置を駆使して操作する。マニュアルモードでは全ての装置を駆使して機体を制御するが、オートマチックモードでは操縦桿とラダーペダルのみの操作になるため初心者向けとなる。

コックピットディスプレイ
筐体のコックピットに設置されている小型液晶ディスプレイ。計器類専用の画面。手動操作を選んだ場合、ボタン押下毎に ND(ナビゲーションディスプレイ)やEICAS(アイキャス。エンジンインジケーションクルーアラーティングシステム) に切り替えられる。
表示切り替えボタン
視点の変更が可能で、臨場感溢れるコックピットビューと自機の後方からの視点になるビハインドビューの二つを切り替えることができる。
HELPボタン
ILSによる自動操縦を使って自動的に機体の姿勢や進路を修正してくれるが、使いどころが難しく、かえって収拾がつかなくなることもある。使用できるのも1回のみ。
スピークボタン
操縦中に行われる交信の応答を的確に返すことで点数が加算される。
操縦桿
機体進行方向の操作を行う。
ラダーペダル
垂直尾翼の操作を行う。
フラップUP&DOWNボタン
フラップの上げ下げを行う。
スラストレバー
分割型になっており、左右別々にエンジン出力を操作する。
ボイスボタン
離着陸時の航空管制官との交信時の応答やキャビン・副操縦士へ指示する際に押下することで点数が得られる。
HELPボタン
航路を逸脱した場合などに押下することでコンピュータがある程度の誘導をしてくれる。

関連項目[編集]