ランチュウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランチュウ

ランチュウ蘭鋳、蘭虫、卵虫)は、キンギョの一品種。背びれがなくずんぐりとした魚体、頭部の肉瘤の隆起などが特色である。

概論[編集]

その形が原種から離れた点が多くて珍しいこと、他の品種よりもデリケートなことから他のキンギョとは別格に扱われている。生態などはほぼ他の金魚に準ずるが、鰭が小さく、寸胴で游泳力が弱いことなど、飼育には特別の注意がはらわれている。形の良い個体を育て上げるために、繁殖から餌付けまで細かく生育が管理される(ただし、これはあくまでも良質な個体での話であり、実際には数百万円するような個体や、数百円程度のものまで様々である)。

形態[編集]

形態的な特徴としてまず背びれがない。他の鰭も大きく広がらない。尾びれは金魚の典型である3つ尾あるいは4つ尾、サクラ尾を標準とする。生まれたときは黒いが途中で赤くなり、成体は素赤か、更紗と呼ばれる紅白の模様の物が多い<参考>。体は次第に厚みを持ち、特に頭部には肉瘤を発達させる。この肉瘤がライオンの頭部を彷彿とさせる為か、「ライオンヘッドゴールドフィッシュ(Lionhead goldfish)」の英名が付けられている。

実際にはこの品種から生まれる稚魚には背びれの出るものが多く、背びれはなくとも棘や瘤の出る例も多い。ランチュウの形態はそれらを排除し続けることで維持されている。

歴史[編集]

ワキン(和金)からマルコを介して品種改良され、江戸時代日本で作成された品種である。 江戸時代明和年間には清国から原種が渡来したと言われる。寛政年間には「朝鮮金魚」という名前で出回っていたと記録されている。江戸時代は金魚は「舶来もの」としてのイメージが強く(例「琉金(琉球金魚)」「阿蘭陀獅子頭」、「出雲南京」)「朝鮮」という身近な外国の名前をつけて売り出したと考えられる。

ランチュウが現代見るようなすがたに洗練され「金魚の究極」とまでいわれるようになるのは明治時代以降の品種改良からである。

文化としてのランチュウ[編集]

「キンギョの究極」とも言われ、その造形美を競うことから、ニシキゴイとともに「泳ぐ宝石」と言われる。1匹数百万円という高値もつくことから、各地の生産業者も良質の品種、個体の生産にしのぎを削っている。 ランチュウにも「○○系」といった、いわば流派が多数存在する。

飼育[編集]

好事家の飼育[編集]

ランチュウの愛好家は品評会で高い評価を得る個体を作り出すため、繁殖から淘汰、飼育を一貫して行う。

まず、優れた個体を生み出す特質をもっている思われる親魚を交配、産卵させる。卵が孵化し、「黒仔(くろこ)」と呼ばれる、まだ色が黒い段階までに奇形などの個体を間引く。さらに成長段階に応じて、各個体の体つきや泳ぎ方、健康状態などを判断し淘汰していく。このときの淘汰を「ハネ」といい、「ハネられた」個体はペットショップやホームセンターに引き取られ、安価で販売される。しかしこれらは一部であり、結局のところ、卵から孵化したほとんどは間引きということで処分される。

飼育は「舟(ふね)」、「たたき」などと呼ばれる四角の広く浅い池で行われ、水質、水温などが徹底的に管理される。また餌は、発色や肉瘤の成長を促すため、時期に応じた量や質などに注意が払われる。

一般的な飼育[編集]

一般的な飼い方は他の金魚にほぼ準ずる。1日汲み置きした水を用意して水槽の中に入れる。そしてろ過装置をいれて、ポンプを入れる。洗った石や砂利を下に敷く。(大磯と呼ばれる砂利が良い)好みで水草や、ランチュウが喜びそうなものをいれても良い。(だが、ぶつかって瘤が引くこともある。)餌は口が下にあるため浮揚性のものではなく、沈降性のものを与える。専用の餌が市販されている。また冷凍 乾燥イトミミズ赤虫ミジンコなどの生き餌も愛好家むけに市販されている。

トロ舟やタタキ池で飼う愛好家も多い(上記参照)。また近年は水深が浅いランチュウ用水槽も市販されている。

品評会[編集]

各地に同好会があり、品評会が開かれる。好事家からは「らんちう」と呼ばれる。

一般に、尾びれ、肉劉の適度な発達(審査員の好みにもよる)、力強い泳ぎ(又は味っ濃い泳ぎなど)、等があげられる。

病気[編集]

下記の様々な病気がある。しかも、ランチュウは病気に弱いため、注意が必要である。

ほか

他に下記の寄生虫もいる。

ほか

外部リンク[編集]