ランダウ・ラマヌジャンの定数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ランダウ・ラマヌジャンの定数(Landau-Ramanujan constant)は数論で現れる数学定数の1つである。

十分に大きい x に対して、x 以下の自然数のうち、2つの平方数の和で表されるものの割合はおおよそ

x/{\sqrt{\ln(x)}}

に比例する。この事実はエトムント・ランダウシュリニヴァーサ・ラマヌジャンがそれぞれ独立に発見した。より正確には N( x ) を x 以下の自然数で2つの平方数の和で表されるものの個数とすると、極限

\lim_{x\rightarrow\infty} \frac{N(x)\sqrt{\ln(x)}}{x}

が存在してその値はおよそ 0.76422365358922066299069873125 である(オンライン整数列大辞典の数列 A064533)。この極限値をランダウ・ラマヌジャンの定数という。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]